阪神・馬場、フレッシュ球宴先発で初回を三者凡退 日本ハム清宮は空振り三振に仕留める

阪神・馬場、フレッシュ球宴先発で初回を三者凡退 日本ハム清宮は空振り三振に仕留める

 「フレッシュオールスター、ウエスタン−イースタン」(12日、はるか夢球場)

 ウエスタンの先発を務めた阪神の馬場皐輔投手が初回、三者凡退に仕留めた。

 ドラ1の貫禄を見せつけた。初回、先頭打者、仙台育英高校の先輩の巨人・松原を右飛、西武・金子一を二ゴロに打ち取った右腕は、3番の日本ハム・清宮と対戦。初球ボールから、142、141キロのストレートで空振りを奪うと、133キロの落ちる球で空振り三振に仕留めた。

 清宮にはバットにかすらせることもなく三振を奪うなど1回無失点の内容に「すごく新鮮で楽しんで投げられました」と振り返っていた。


関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツ 関西スポーツ/芸能ニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索