オリックス・ドラ7中川 PL魂胸にプロでの活躍誓う 名門復活へ「1年でも長く」

オリックス・ドラ7中川 PL魂胸にプロでの活躍誓う 名門復活へ「1年でも長く」

 オリックスのドラフト7位・中川圭太内野手(22)=東洋大=が12日、プロでの活躍に向けて“PL魂”を掲げた。この日は母校でもあるPL学園OB会総会が開催されていたが、自身もプレーで名門復活を後押ししたい考えだ。

 胸にある“最後のPL戦士”の思いを口にした。「(PL学園出身として)1年でも長くやりたい。そのためには一日一日が大切。積み重ねが1年でも長くやっていくということになる」。2016年にPL学園は休部。同校出身最後のプロ入り選手といわれる中川は高校時代の経験を基にプロ生活を歩むつもりだ。

 この日は大阪市内の球団施設で新人合同自主トレに参加。桑田氏のOB会長就任に「心強い」と中川。自分はプレーでPLの存在意義を示していく。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツ 関西スポーツ/芸能ニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索