「大相撲初場所・4日目」(15日、両国国技館)

 大関貴景勝が平幕遠藤に追い込まれながら、必死の突き落としで逆転星をもぎ取り1敗(3勝)を守った。横綱、大関総なめを狙った相手を最後の砦として執念の阻止。この日、横綱白鵬が途中休場し、鶴竜も3敗目を喫して休場が避けられない見通しとなった中、大関の責任を背負いVを目指す。新関脇朝乃山は小結阿炎に押し倒され初黒星。9度目かど番の大関豪栄道は新小結大栄翔を退け、初白星を挙げた。全勝は平幕の北勝富士、正代、輝、照強の4人。

 左足を徳俵にかけながら貴景勝が捨て身の右を突き出した。あと一押しで勝ってたはずの遠藤が右足から崩れ落ち、横転。アッと驚く逆転劇に館内は悲鳴と歓声が交錯した。

 立ち合いから押し込めず相撲内容では完敗ながら、上回ったとすれば大関の執念。2横綱、2大関総なめを狙った相手に「横綱、大関4タテはやる前からまずいと思っていた」。最後のとりでとして突破を許さなかった。

 貴景勝の考える勝負哲学がある。「勝つきっかけなんてほんとしょうもない、ちょっとしたこと」。数センチ指が入る、膝の数度の角度−。それは意識などできない。究極的に勝敗を分けるのは「運」と結論付ける。

 その運を引き寄せるため一番力の出る状態を作る。さらに心がけるのが素人の意見だ。「意外とやってる方は分からない。近所のおじちゃんとか毎日、同じ距離から見てる。顔つきとか高さとか、自分の知らないことを知っている」。すべてに耳を傾け、自身の糧とする。その積み重ねで、この日は少しだけ遠藤の運を上回った。

 1敗を死守し大きな3勝目。大関以上では白鵬が休場し、鶴竜も3敗目と休場は避けられない。豪栄道もすでに3敗。早くも三役以上で全勝は消え、全勝は平幕4人と大荒れの初場所になっている。

 「まだ4日。あきらめずにやっていればつながってくる」。23歳年男の大関がV戦線の中心で最後まで責任を果たす。