2019年度プロレス大賞(東京スポーツ新聞社制定、デイリースポーツなど選定)の授賞式が16日、都内で行われ、最優秀選手賞と年間最高試合を受賞したオカダ・カズチカ(32)=新日本=が、東京五輪の年にオールスターを集めた“プロレスオリンピック”的な大会開催をぶち上げた。

 壇上では「結婚もしましたし、公私ともに充実した一年になりました」と、声優の三森すずこと結婚し、ダブル受賞も果たした19年を満足げに振り返ったオカダ。多くの他団体の選手、アマチュアレスリングの表彰選手らも集まった場で、「2020年はオリンピックイヤーということで、プロレス界も負けじと盛り上げて行き、プロレスの熱をアマレスの人につないで、選手のみなさんは金メダルの雨を降らせていただき、そのオリンピックの熱をまたボクたちが受け取って、プロレス界を盛り上げて、オリンピックイヤーならぬレスリングイヤーにしたいと思います」と、レスリング界を発展させることを誓った。

 そのためには何をするのか。今年は5日の東京ドーム大会で自身保持するIWGPヘビー級王座をかけて同IC王座の内藤哲也とダブルタイトル戦に臨んで敗れる無冠のスタートとなったが、「ベルトがないからこそできる戦いもある」と強調。「オリンピックをやるのであれば、負けないようなプロレス界のビッグイベントをやっても面白いかな」との構想を口にした。

 「オールスター戦でもいいんじゃないかなと思う。チャンピオンだったら新日本プロレスのことを考えていたんですけど、せっかくのオリンピックイヤーですから。2020年オリンピックがあったね、で終わりじゃさみしいじゃないですか。プロレスにもあんなオールスター戦があったんだよ、というのがあってもいい」と、団体の枠を越えた“プロレスオリンピック”的なものになると説明。「今日も同世代の選手もいたりするので、若い人たちのパワーで、プロレスのパワーを広めることができたら、いろんな団体の発展にもつながっていくと思う」と目を輝かせた。

 さらに、戦いたい相手を問われると、殊勲賞の宮原健斗(30)=全日本=、敢闘賞の清宮海斗(23)=ノア=らの名を挙げ、「また違う、今の若い世代のプロレスができても面白いと思うし、実現できたらいいと思う」と興味を示した。