「大相撲初場所・5日目」(16日、両国国技館)

 かど番の大関豪栄道(境川)が隠岐の海(八角)に取り直しの末に敗れて4敗目。苦しい土俵が続いている。

 最初の一番は投げの打ち合いから軍配が一度は豪栄道に上がったものの、物言いがついた。協議の結果、同体との判定で取り直しとなった。

 取り直しの一番は隠岐の海に流れを与えてしまい、土俵にはわされた。

 6日目は豪栄道は玉鷲(片男波)と、隠岐の海は小結大栄翔(追手風)と対戦する。