プロ野球の南海(現ソフトバンク)で捕手兼任監督を務め、ヤクルト、阪神、楽天でも指揮を執った野村克也さんが11日午前3時30分に虚血性心不全のため死去した。84歳だった。日本ハムの栗山英樹監督(58)が急逝を悼んだ。

 栗山監督が選手としてヤクルトに在籍した90年に野村氏が監督就任。その年限りで栗山監督は現役引退し、チームをともにしたのは1年だけだったが、その後の指導者としての原点を学んだという。

 現役時代、そして指導者となってからも厳しかったという野村氏。「1回も褒めてもらうことはなかった。『お前、頑張っとるやないか』と言ってもらうために一生懸命やってきた。もう少し自分が前に進む姿を見てもらいたかった」と沈痛な面持ちで話した。