「オリックス春季キャンプ」(12日、宮崎)

 侍ジャパンの稲葉監督(47)が宮崎市のオリックスキャンプを視察し、昨年のプレミア12でセットアッパーとして起用した山本由伸投手(21)を、東京五輪では先発で起用する考えを明かした。

 「ブルペンを見ても、やっぱり球は違うなという印象を持ちました。プレミアはセットアッパーでやってもらいましたけど、オリックスでも先発というところで、オリンピックも先発で考えていきたいと思っています」

 プレミア12では八回の男として5試合に登板し、防御率1・80と抜群の安定感を見せた。指揮官としては勝ちパターンに置いておきたい気持ちもあるが、シーズン途中での大会であることなどを考慮し、チームと同じ起用法を基本線に考えた。

 当然、山本の力も高く評価しているからこそだ。千賀、菅野と同等かと問われれば「うん。もちろん力ありますし、1回り目、2回り目、3回り目と、自分の投球スタイルをどんどん変えて行けるというのがね。彼の素晴らしいところ」と位置付けた。

 山本自身もかねて先発を希望しており、大歓迎だ。「先発が好きなので、中継ぎも楽しいですけどやってみたいなというのはあります。まずシーズンでの結果が響くと思うので、そこを一番にやりたい」。期待に応え、日の丸のエースへ成長してみせる。