「2軍練習試合、阪神−四国銀行」(15日、安芸市営球場)

 “プロ初打席”で初本塁打を放ったドラフト2位・井上広大外野手(18)=履正社=の勢いが止まらない。

 六回1死一、二塁で迎えた第2打席。投手は先ほど2ランを放った左腕・平山から代わって右腕・菊地。1ボールから真ん中付近に来た直球をジャストミート。打球は中堅方向へ。中前適時打を放ち、これで3打点目だ。

 右の大砲候補として期待される若虎。立て続けの快音に観客たちは「また打った」「本物だ」と声に出すほど。持ち味の打撃で光を見せ続ける。