大相撲春場所(22日千秋楽)で新大関昇進を確実にした関脇朝乃山(26)=高砂=が23日、大阪市内の宿舎で一夜明け会見を行った。自身の大関像を「真っ向勝負」と言い切り、天国の恩師らに横綱を誓った。同席した師匠の高砂親方(元大関朝潮)からは「実るほど頭を垂れる稲穂かな」と大関の地位の重さを説かれた。会見は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、代表取材の形で行われた。

 大関昇進を実現し前夜から祝福がやまない。朝乃山は「実感はない。あまり(実感が)湧かない。でも素直にうれしい」と、まだ夢心地の様子で笑った。描く大関像は「真っ向勝負。常に優勝争いに加わる」と期した。

 史上初の無観客開催で決めた。「さみしかったけどテレビの前で応援してくれる方々に白星を届けられるように。頭の中ではお客さんをイメージ」と、心に声援は届いていた。

 富山出身では太刀山以来111年ぶりの新大関。「少しは近づけた。一歩を踏み出せた」と故郷の偉大な先人をこれからも追う。天国に旅立った富山商の浦山英樹監督、近大の伊東勝人監督と2人の師に恩返し。「『大関になれました』と言いたいし、『もう一つ上の番付もあるのでそこを目標にし、頑張ります』と言いたい」と誓った。

 自身と同じ番付に並んだ愛弟子に、師匠の高砂親方は「これからは負けることがニュースになる。番付の重みをこれから感じる。『実るほど頭を垂れる稲穂かな』だよ。もっと稽古して磨かないと」と説いた。

 昨年夏場所の優勝は12勝3敗。上を狙うには、さらに白星が必要で「13、14の星を重ね、優勝しないと。課題を1個ずつ踏み越して上がる」と着実な成長を求めた。今年12月に師匠定年を迎えるが、それまでに自身を超える横綱昇進を期待した。