「アニキ語録」悪球を打つタイプでもあるからね

 【6月12日】

 −高山が結果を残した。

 「いいところで、一番、いいところで打ってくれましたね」

 −1本目の右前打もいい形で打っていた。

 「いい形じゃないですかね」

 −直前にはリクエストもあった。

 「本人がこうやって(リクエストのジェスチャーを)やるから。誰だってヒットはほしいし。でも彼らしい当たりというか、あのファウルも曲芸みたいに打ってね。それも持ち味だから。悪球を打つタイプでもあるからね」

 −表情も変わってきた。

 「前向きな姿勢というかね。よく声も出ていたし。そういう姿勢は評価したいと思うし、これからこっちも期待しますよ」

 −中谷が自身初の1試合5打点。

 「あれ(2ラン)で結構、楽になったからね。5点と7点では大違いですから」

 −高山が打つとお互い、刺激になる。

 「そこは競争というかね。今だったら両方、使いたいけれど。ポジションの数は決まっていますからね」

 −三回の鳥谷の守備も大きかった。

 「ホームのやつね。あれも逆シングルで難しい。ちょうどアンツーカーのところだったし。大きいよね。1点が0点で済んだんだから」

 −メッセンジャーは八回もマウンドに上がった。

 「最後はちょっと上ずってきたけど…本人が残念だったんじゃないかな。4連打食らうとはこっちも思っていなかったから」

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツ 阪神タイガースコラムの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索