「岡田辞典」前半戦終了 虎乗り切れない原因は援護不足、打線

 今回の豪雨被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。阪神としても後半戦まで、予定外のブランクが生じることになった。

 この期間の長短はともかく、例年通り前半戦の戦いを振り返り、後半に生かす作業に充てることが必要だ。

 借金3での折り返しという形だが、この数字が示すとおり、満足のいく成績を残せているのはメッセンジャーと糸井の2人くらいだろう。

 つまり他の選手はほぼすべて、「このままではいけない」という反省を抱えているということになる。ただ、少し差し引いて考えてやりたいのは投手陣だ。防御率はいいが、成績として白星に結びついていない、気の毒な面もある。

 裏返せば、ここまで乗り切れていないのは援護不足、打線に尽きるということだ。投手にとって一番うれしいのは防御率よりも勝ち星のはずだ。そこを後半戦、どう変えていくか。

 ある程度は固定しないと、継続的な援護は望めないだろう。加えて外国人野手の起用。まず、2軍での成績はあてにならない。また、2人体制は不要に思える。伸びてきた若手のポジションを制限してしまうようでは逆効果だ。球宴明けまでに「こう戦う」という形を見いだしたい。


関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツ 阪神タイガースコラムの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索