「どうして?」より「どうやって?」と聞く。「あいうえお」でリアクションする。天気の話や時事ネタはNG。超カンタンな話し方のコツ満載!

ルール5 効果的なリアクション

 第4のルールでは「聞き方」についてお伝えしました。

 ですが、これはなにも、「聞き役に徹しなさい、聞き上手になりなさい」ということではありません。

「話を聞いてばかりだと、疲れる」
「話題を振っても相手が乗ってこない」

 このようなモヤモヤした気持ちを抱えたまま、雑談を続けるべきではありません。

 「しんどい」「めんどう」と思うような雑談は、雑談ではありません。

 ここでもう一度、雑談を気楽に考えてください。第1のルールを思い出しましょう。

 雑談なんて、話が続けばなんでもいいのです。

 ですから「質問力を上げて、うまく話を引き出そう」とか「あいづちに気を遣って、相手が話しやすくなるようにしよう」とか、思わなくてOK。

 聞き上手になろうと思わなくていい。むしろ、そういう気遣いをするから、苦手意識が湧くのです。所詮は、雑談です。気楽にいきましょう。

聞いてるほうはリアクションだけでいい

 では、聞く側として、なにもしなくてもいいのでしょうか?

 第4のルール「肯定して共感する」に加えてもうひとつ、気をつけるべきなのは、それはリアクションをよくすること、です。

 うまくあいづちを打とうとか、上手な質問を考えようとか、そんなヒマがあったら、大きくリアクションをしましょう。

 手をたたく、表情を変える、笑う……。そうすることで、相手に「ちゃんと話を聞いてますよ」と伝えることができます。

 繰り返しになりますが、雑談とは「気持ちのやり取り」ですから、言葉であれこれ言わなくてもいいのです。身振りや表情で、気持ちを伝えれば、その時点で立派に雑談は成立。相手は安心して、会話を続けることができます。

 また、大きなリアクションは、自分自身への暗示にもなります。

 つまらない話だろうが、出口の見えない話だろうが、大きくリアクションすると、脳がだまされて、「楽しい」と勘違いします。そうすると、雑談はあなたにとっても楽しいものになり、結果的に会話もはずむというわけです。

 雑談はどちらか一方が楽しませるものではありません。あなたがプレッシャーを感じる必要はないのです。責任の半分は相手にあるのですから(笑)。

 疲れたり、気詰まりな思いをすることがないよう、ある程度「手を抜く」。

 これが大事な5番目のルールとなります。

ポイント
あいづちよりもリアクションをがんばる