近未来の京都を舞台に人間とAIとの恋愛、結婚生活を描く小説『ぴぷる』が「ぴぷる〜AIと結婚生活はじめました〜」として、WOWOWにて連続ドラマ化(全8話)される。本作は5月18日(月)深夜0時から放送スタートとなる。さらに、初回は2話連続放送が決定!(第1話のみ無料放送・各話30分)

 2030 年、人間と AI が結婚できるようになった近未来を舞台に、人型 AI と結婚することを選んだサラリーマンの摘木健一(つみき・けんいち)と、その妻となった人型 AI のぴぷる、そしてぴぷるを開発した AI 研究者・深山楓(みやま・かえで)をはじめとする個性あふれるキャラクター達による、「AI と人間のあり方」を問うSF ヒューマンコメディとなっている。

 アラサー独身男子の主人公・摘木健一を声優の梶裕貴が演じる。

 先日のフルキャスト解禁で、主役を務める梶に加え、人型 AI ぴぷるをアヤカ・ウィルソン、そしてミステリアスな AI研究者・深山楓を大原櫻子、さらに、忍成修吾、山田悠介、臼田あさ美、濱田マリと実力派キャストが脇を固めることが明らかになった。

 原作は若手注目作家の原田まりる、主演はジャンルの垣根を超えて活躍する声優の梶裕貴という本作に、豪華キャストが発表され、SNS で大いに盛り上がった。「ぴぷるキャスト発表キターーー!!」「ぴぷるのキャストが豪華で驚き!」「あ〜〜! アヤカ・ウィルソンちゃん! なるほど! 納得! かわいい! 好き!!」「さくちゃんの深山さん、楽しみにしています。」「ストーリーを知らないままドラマを観るか迷いましたが、我慢できず電子版を買って今読んでます。」といった反響が数多く寄せられ、出演者陣がそれぞれのキャラクターをどう演じるか、注目が集まっている。

 フルキャスト解禁で盛り上がる中、この度、特報が完成した。今回、本作初の映像の解禁となる。

 京都タワーが映る夜景をバックに、梶裕貴のナレーションで映像が始まる。アラサー独身男子・主人公摘木役の梶裕貴をはじめ、憧れの先輩・吉野凛子(よしの・りんこ)役の臼田あさ美、AI 反対派の医師・夙川泰成(しゅくがわ・やすなり)役の忍成修吾、AI 研究者・深山役の大原櫻子、そして美少女 AI・ぴぷる役のアヤカ・ウィルソンと、先日発表されたキャストの面々が AI と人間が共存する 2030 年の未来の映像の中で次々と紹介される。それぞれが何かを抱え、悩みながら生きていくキャラクターひとりひとりの物語にも注目したい。15秒という短い映像ながら、原作の世界観が表現されている。果たして摘木たちが出会う、新しい愛のカタチとは?

<ストーリー>
AI を家族に迎え、結婚できるようになった 2030 年。冴えないサラリーマンの摘木健一(梶裕貴)は長年片思いをしていた憧れの会社の先輩とのデートに失敗し、そのショックから、勢いで性交渉機能搭載の美少女 AI を購入し、妻として迎え入れ、ぴぷる(アヤカ・ウィルソン)と名付ける。しかし、なぜか結婚初夜の夜の営みを拒絶されてしまう。摘木はぴぷるの開発元を訪ね、共感能力ゼロのミステリアスなAI 研究者の女性・深山楓(大原櫻子)に出会い、自身による初期設定に問題があったことを知るが、残念ながらぴぷるの設定を変更することはできないことを告げられる。その代わりに深山は、摘木に驚きの提案をしてきて…!?