身近なのに意外と知らない身の回りのモノの名前の由来や驚きの事実。オフィスで、家庭でちょっと自慢したくなる、知っておくだけでトクする雑学を、毎日1本お届けします!

 この雑学ではファンタ グレープの味が昔と変わったのかどうかについて、またジュースの雑学について解説します。

雑学クイズ問題

【ファンタは以下のどれに分類される? 】

 A.乳酸菌飲料

 B.清涼飲料水

 C.ジュース

 D.アルコール飲料

 答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

ファンタ グレープの味が変わったのは本当?

 昔から愛されているコカ・コーラ社から発売されているファンタですが、今もなお新フレーバーが発売されるなど、長年に渡って消費者に愛されてきました。

 そんなファンタですが、過去には何度も「味が変わった」という噂が流れて、SNSなどで話題になりました。

 今回は本当にファンタ グレープの味が昔と変わったのかについて解説していきます。

 また「ファンタ グレープはジュースではない」などジュースにまつわる面白い雑学も紹介しますので、最後まで読んでいってくださいね。

【本当に味は変わった? 】

 それではファンタ グレープの味が本当に変わったのかについてさっそく解説していきます。

 結論から言うとファンタ グレープの味が昔と変わったという噂は本当のようです。

 2018年4月に公式のツイッターアカウントから以下のようなツイートがありました。

はじめまして。お気づきのとおり「ファンタ グレープ」は今回、味わいをリニューアルいたしました。いただいたお声は、こちらから担当部署にも伝えますね。貴重なご意見をありがとうございます!
— コカ・コーラケア (@CocaColaCare) 2018年4月25日

 今回は事前アナウンスが無くいきなり味が変わりましたが、ジュースの味がある日突然変わることは珍しいことではないようです。

 原料の価格が高騰してしまったり、ずっと味が一緒だと飽きられる可能性があることから、味の改良やリニューアルが行われているんですね。

 ちなみに、2018年4月に味が変わったのはファンタ グレープだけのようで、ファンタ オレンジなどの味は変わっていないそうです。

 【ファンタはジュースではない 】

 おまけのジュースにまつわる雑学です。

 実はファンタは厳密にいえばジュースではないってご存知でしたか?

 「ジュース」というものには明確な定義が存在しており、本来は果汁が100%のものだけが「ジュース」と呼ばれるものなのです。

 そもそも「ジュース」という英語は日本語にすると「果物や野菜の汁」という意味になります。

 日本の食品表示基準によると「果汁100%ではないものはジュースと表記してはならない」とされています。

 それではファンタはどの飲み物に分類されるのかというと「清涼飲料水」に分類されています。

 清涼飲料水は「乳酸菌飲料、乳及び乳製品を除くアルコール分1%未満の飲料」と定義されています。

 ファンタのような炭酸飲料以外にも、コーヒーやお茶やミネラルウォーターも清涼飲料水に分類されています。

 以上がファンタ グレープの味が変わったのかどうかについてやジュースの雑学についてでした、いかがでしたか?

 それでは雑学クイズの正解発表です、答えはもうお分かりですよね?

雑学クイズ問題解答

 雑学クイズ問題の答えは「B.清涼飲料水」でした!

まとめ

 ファンタ グレープの味が2018年4月に変わったという噂があるが、これは事実である。

 ツイッターの公式アカウントからファンタグレープの味が変わったと正式なアナウンスがあった。

 またファンタは厳密にいえばジュースではなく「清涼飲料水」に分類されている。

※提供している情報には諸説ある場合があります。ご了承ください。

雑学.com