1位年収638万円!

平均年齢が20代の企業の年収ランキング【2019・全50位完全版】


AIなどテック系上位に

 今回は、上場企業を対象に「平均年齢が20代の企業の年収ランキング」を作成した。勤務年数に応じて役職や給料が上がっていく年功序列型の企業ではなく、若いうちから稼ぎたいという方も多いだろう。決算期は2018年8月期〜19年7月期。

 1位はLink-U(情報・通信)で、平均年収は638.4万円。平均年齢は29.8歳である。

 漫画アプリなどオンライン上でコンテンツを配信する企業を対象に、配信用サーバーの開発や運営を請け負う。小学館や集英社といった大手出版社を中心に収益を伸ばしている。

 2〜4位は、業績好調な不動産企業が並んだ。2位は、値頃感のある狭小な一戸建て住宅を首都圏で販売するオープンハウス。年収は635.2万円、平均年齢は29.0歳だった。

 3位は、関西を地盤に分譲一戸建てを手掛けるウィル。年収は567.1万円、平均年齢は29.5歳。

 4位はGA technologiesで、年収は557.4万円、平均年齢は29.6歳。人工知能(AI)を使った不動産のマッチングサイト「RENOSY」の会員数が伸びている。

 5位はアトラエ(サービス)で、年収は557.2万円。平均年齢は29.5歳。

 人材サービスに膨大なデータや最新技術を活用するHR(Human Resources)テック企業である。成功報酬型のIT・エンジニア向け求人サイト「Green」事業が成長している。

 6位は、弁護士や公認会計士、企業の管理部門に特化した転職支援を手掛けるMS-Japan(サービス)。年収は548.6万円、平均年齢は29.3歳。

 7位は、中古車販売大手のネクステージ(小売業)。本社は名古屋市にあり、年収は539.1万円、平均年齢は29.6歳。19年11月期の連結純利益は42億円となり、5年連続で過去最高を更新している。

不況のアパレルでも高年収
スーパースター制度に海外視察手当

 8位は、生活習慣病患者向けに健康食を宅配するファンデリー(小売業)。年収は533.6万円、平均年齢は28.7歳。

 9位は、企業のウェブサイトの閲覧状況や、SNS(会員制交流サイト)の口コミなどといったビッグデータの分析ツールを開発するユーザーローカル(情報・通信)。年収は530.0万円、平均年齢は27.7歳。

 10位は、セレクトショップを運営するTOKYO BASE(小売業)。年収は525.5万円、平均年齢は28.8歳。

 アパレル業界は厳しい状況にあり、大量閉店やブランド廃止が相次いでいる。例えば、人気モデルのエビちゃんこと蛯原友里さんなど国内外の有名人を多数起用することで、若い女性を中心に爆発的に人気になった服飾雑貨のサマンサタバサ ジャパンリミテッド(その他製品)。最近は業績悪化に歯止めがかからず、昨年9月に紳士服コナカの傘下に入った。

 サマンサタバサは平均年齢が27.9歳で、年収は304.8万円。同じアパレルでもTOKYO BASEより200万円以上も低い水準となっている。

 一方、TOKYO BASEの業績は好調だ。20年2月期の売上高は前期比9.7%増の153億円、純利益は7.7%増の10億円を見込む。商品は国内で生産したもので、品質へのこだわりが好評だ。

 また、TOKYO BASEにはユニークな給与制度がある。その代表格は「スーパースターセールス」制度だ。販売員が半期ごとに設定された販売目標の金額を超すと、その10%が年収として支払われる。人事担当者は「年収700万円以上の社員は20人以上いる。1000万円以上の者もいる」と話す。

 同社には「海外視察手当」もある。パリ、ロンドン、ミラノ、ニューヨーク、ロサンゼルスに旅行する社員には10万円。香港、上海、北京、シンガポール、シドニーの場合には5万円が支給される(年に1回利用可能)。同社はこの10都市への事業展開を目標にしている。

 このほか、本社がある東京・渋谷に住むと毎月3万円の家賃補助がある。美容院やネイルサロンに通うと月5000〜1万円もらえる「美容手当」もある。いずれも社員の意識や感性を高めるのが狙いだという。