「カトパンと結婚させろ」と結婚相談所に来る金持ち男の共通点

なぜか金持ちに多い
「カトパン」との結婚願望

 前回前々回と尊敬婚の素晴らしいカップルの話をしたが、お金を持っている女性はそこまで大きな勘違いをせず、新しい結婚スタイルを見つけ始めている。

 一方で、お金を持っている男性のなかには、いまだに勘違いをし、婚活の際もおぞましい要求をしてくる人もいる。

 ある日、40代の大阪在住の年収3000万円男性が、私のもとを訪れ、こう言った。

「カトパンと結婚したい」

 カトパンとはもちろんアナウンサーの加藤綾子さんだ。

 理想ならまだわかるが、それが本気なのだ(じつは、金持ち男のカトパン指名率は高い)。

 35歳を過ぎると、自分がどういうレベルなのか客観的に見られなくなる人が多い。

 特に、見た目に気を遣う独身男性はぐっと減る。きっと、周りに身なりについて指摘してくれる女性が少ないからだろう(爪の間にアカが溜まっている男性の多いこと!)。

 そういう男性に限って相手に10歳以上年下の女性を希望する。若い女性が相手なのだから、身だしなみのだらしなさを理由に断られることも多いのだが、自分は「稼げてイケてる」と思っているので、断られたのがなぜなのか、わからないようだ。

 せっかくなので、究極のカトパン男の話をしよう。

関連記事

ダイヤモンド・オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術のニュースランキング

ランキングの続きを見る

生活術の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索