その食べ物、愛犬にあげて本当に大丈夫?犬のNG食材をカテゴリ別にご紹介!

欲しがると、ついあげたくなっちゃいます


飼い主さんがご飯やおやつを食べているとき、そばに寄ってきては「ちょうだい♡」という目でおねだりする愛犬。その可愛い姿についついおすそ分けしてしまう…という飼い主さんもいるのではないでしょうか。しかし、それが本当に犬に与えて良いものか知っていますか?愛犬におすそ分けする前に、与えてはいけないNG食材をおさらいしておきましょう。

野菜部門|にら・にんにく


にらは赤血球を破壊し、貧血や下痢、嘔吐を引き起こします。最悪、死に至ることもありますので、絶対に与えないでください。また、ユリ科のにんにくも下痢や嘔吐の原因になるので、与えないように注意してください。

なお、にんにくは調味料として使われることが多いので、調理済みの食材を与えるときは注意が必要です。基本的に犬は薄味のものに慣れているので、人間向けに調理された食べ物は濃く感じます。塩分過多の原因にもなるので、なるべく人用の料理は与えないようにしてくださいね。

加工品部門|缶詰・びん詰


シーチキンやコンビーフ、鮭フレークなどは、一見すると犬が食べやすそうなものばかりですよね。しかし、こういった缶詰め・びん詰め製品も、犬にはNG食材です。保存食としても機能しているため、油分や塩分が多く、とり過ぎると病気や肥満の原因にもなります。犬が好きそうな魚の水煮缶に関しても、塩分が多く含まれているものが多いため、与えないのが懸命です。なお、犬用のシーチキンもあるので、犬に与えるときはそちらを食べさせましょう。

飲料部門|炭酸飲料・牛乳


炭酸飲料は糖分が多く、酸味料などの添加物も多く含まれているので、犬向きではありません。与えない方が良いでしょう。牛乳ですが、こちらは完全にNGというわけではありません。ただし、人用の牛乳をそのまま飲むと、乳糖を消化できずに下痢をしてしまう乳糖不耐症の犬もいるため、お腹を壊す犬には与えないでください。それ以外の犬には、大さじ1杯までの牛乳を水で倍以上に薄めて、水分補給として飲ませるのはOKです。

その他部門|氷菓(市販)


一見問題のなさそうなフレーバーの氷菓だとしても、犬に与えるのはNGです。市販の氷菓は糖分が多く、商品によっては原材料表記に載っていないアレルゲンが含まれていることもあります。また、氷菓の棒を誤飲してしまう心配もあるので、基本的には氷菓は与えない方が良いでしょう。以上、人間にとって身近な食べ物でも、犬にとってはNGな食材が多く含まれているのがお分りいただけたかと思います。愛犬の体調を守るのは飼い主の務めです。もしどうしても欲しがってくるようなら、与えても大丈夫かどうか、その都度確認するようにしてくださいね。また、少しかわいそうではありますが、無駄に欲しがらないようにしつけてあげるのも一つの策です。


出典/「いぬのきもち」17年3月号『ふだん使いの健康食材 犬に与えてOK?NG?』」(監修:高円寺アニマルクリニック院長 高橋一哉先生)
文/ICHINOKI
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

関連記事

おすすめ情報

いぬのきもち WEB MAGAZINEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索