愛犬が「ちょいちょい」してくる!その裏にはどんな感情が?

突然のちょいちょい


「ご主人様はじっとしてるけど、何してるのかなー、構ってほしいなー、ちょいちょい」食事中やテレビを見ているとき、あるいは帰宅してすぐなど、ワンちゃんに前足でちょいちょいされた経験はありませんか?

ふさふさの毛に囲まれた見た目とは異なるひんやりとした肉球で、優しくちょいちょいしてくれる時、ありますよね。飼い主さんからすると何気ない行動ですが、それはワンちゃんの出す「カーミング・シグナル」かもしれません。

カーミング・シグナルとは


犬にとっての「カーミング・シグナル」とは、犬同士でストレスを与えないように落ち着かせるようにする行為のことです。つまり、相手に向けて足をちょいちょいするのは「闘う意思はありませんよ」というきもちの表れです。子犬時代に母犬と遊んでいる最中にしていた「ちょいちょい」の名残りだと言われており、大人になっても行うことがあるのだそう。

ちょいちょい以外にもカーミング・シグナルがある?


カーミング・シグナルは他にも、ペロペロなめたり、しっぽを振ったり、自分からフセや座る姿勢をとったり、あくびをしたりといった行動が挙げられます。ストレスを抑えるだけでなく「仲良くしたい」という友好アピールだとも受け取れますね。

ちょいちょいを発展させたお手


このちょいちょい前足を出してくる行動を応用したのが「お手」です。実はこのお手、高齢になったワンちゃんでもマスターすることができるんだそうです。「お手はできないけど、ちょいちょいはしてくれる」というワンちゃんでも練習してみるとよいでしょう。

コツとしては、成功したときに思いっきり褒めてあげることで、褒められたい一心でお手を覚えてくれるようになります。お手を覚えてもらうことで主従関係が作れるだけではなく、コミュニケーションが活発になり、飼い主さんとワンちゃんの絆も深まるはず!

ハイタッチ


お手をちょっとグレードアップさせたのが「ハイタッチ」です。お手よりもワンちゃんの目線が上がり、楽しい雰囲気になりますよね。ちなみに英語では「high five(ハイファイヴ)」と言うそうです。「お手」をするよりもテンションをあげて、「ハイタッチ!」と言うことで覚えてもらいやすくなるのだとか。ぜひ試してみてくださいね!ワンちゃんがしてくれる「ちょいちょい」は、ストレスを抑えるために行っていた行為でしたが、そこからお手やハイタッチといったスキンシップに発展させることができそうですね。いずれにせよ、ちょいちょいと前足を出す姿は、ワンちゃん好きにたまらないほどかわいらしいと思います。ぜひ、大好きなワンちゃんといっぱい遊んであげてください♪

出典/いぬのきもち WEB MAGAZINE「【知ってる?】前足で「ちょいちょい」するのはなぜ?」(監修:Can ! Do ! Pet Dog School代表 西川文二先生)(https://dog.benesse.ne.jp/withdog/content/?id=13422)
文/なかやまゆ
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

関連記事

おすすめ情報

いぬのきもち WEB MAGAZINEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索