犬のオモシロ習性|犬があちこち「くんくん」する理由を徹底解説!

優れた嗅覚が関係していた!


愛犬が散歩中に地面や電柱などを「くんくん」とかぎまわることはありませんか?これは、犬が身の回りにあるもののニオイをかいで、情報収集しているときに見られる習性だと考えられています。

ニオイの種類にもよりますが、犬の嗅覚は人の約1億倍も鋭いと言われています。そのため、他の犬のオシッコやウンチのニオイはもちろん、汗などの分泌物のニオイなども細かくかぎとれることがわかっています。

つまり、散歩中に犬が「くんくん」するのは、いつどんな犬や人が通ったかなどの情報を一生懸命に調べているしぐさと言えるのです!

あいさつのためでもある!


他にも、犬は散歩中やドッグランなどで他の犬に遭遇すると、お尻や顔のあたりを「くんくん」とかぎあうことがあります。これは、持ち前の鋭い嗅覚を使って、相手の年齢や性別、その時の気分や体調などを調べて、あいさつし合っていると考えられています。

犬にとってニオイをかぐことは、人の世界で例えると「名刺交換」のような役割なのかもしれませんね◎

ニオイを覚えようとする場合も


犬は人に対しても、その人の情報を知ろうとお尻のニオイを「くんくん」とかぐことがあります。これは、その人のニオイを覚えたい、もっと仲よくなっていい関係を築きたいと思っている可能性が高いと言われています。

愛犬が初対面の人に対してそんな行動をすると、飼い主さんは内心ヒヤヒヤするかもしれません。そんな時は、この行動は実はこんなにも「可愛い理由」であることを教えてあげてくださいね。

適度にかがせてあげよう!


このように、犬が「くんくん」するものは、地面や電柱、他の犬、人などさまざまですが、どのような場面でも情報取集が目的だということがわかりました!そして、この情報収集の時間は、犬にとって非常に楽しく貴重であることもわかっています。

もしも愛犬が「くんくん」し始めたら、近くに危険なものがないか、他の人の迷惑にならないかなど周囲の状況を確認したうえで、無理に止めることはせず適度にかがせてあげるようにましょう!

「くんくん」以外にも犬にはオモシロ習性がたくさん!


今回は犬があちこち「くんくん」する理由についてお話しましたが、それ以外にも人にはわかりにくい犬のオモシロ習性はたくさんあります!雑学として犬のさまざまな習性を知っていくのは楽しいことですし、愛犬がその行動をしたときに、正しく対処することができるというメリットもあります◎

愛犬との絆を深めるためにも、「いぬのきもち」でご紹介している他のオモシロ習性についてもチェックしてみてくださいね!

参考/ 「いぬのきもち」2018年5月号『犬のオモシロ習性図鑑』(修:獣医師 増田宏司先生)
文/hasebe
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

関連記事

おすすめ情報

いぬのきもち WEB MAGAZINEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索