犬は人の言葉を理解できる?最新の研究結果から見えてきたものとは

犬は言葉を理解している?研究結果から分かること


愛犬と一緒に暮らしていると、人の言葉を理解しているのかもしれないと感じることはありませんか?ハンガリーで行われた最新の研究によると、言葉を脳内で処理するメカニズムを、人と同じく犬も所持いていると判明しました。果たして犬は、どのくらい人の言葉を理解しているのでしょうか?

犬が言葉を処理する脳内のメカニズムを研究

ハンガリーのエトヴェシュ・ロラーンド大学で行われた実験によると、犬の脳のうち、言葉そのものに反応するのは左脳、言葉のイントネーションに反応するのは右脳であることが分かりました。

また、おやつがもらえるなど、犬にとって良いことが起こったときに反応する「脳の報酬領域」が活性化するためには、「ほめ言葉」を「上機嫌な声」で聴く必要があることも判明しています。

つまり、犬は人が「言葉では褒めているけれど、声では褒めていない」ことや、「上機嫌な声だけど、ほめ言葉を話しているわけではない」ことを見抜いていることになるのです。

人の言葉に犬の脳はどんな反応を示すのか

エトヴェシュ・ロラーンド大学で実際に行われた実験は、以下のようなものでした。まず13頭の犬に、それぞれの飼い主さんが内容や言い方を変えて話しかけている声を聞かせます。録音したパターンは「ほめ言葉+上機嫌な声」「普通の言葉+普通の声」「普通の言葉+上機嫌な声」「ほめ言葉+普通の声」の計4つ。実験の結果、犬にとって良いことが起こったときに反応する、脳内の報酬領域が活性化したのは、「ほめ言葉」を「上機嫌な声」で聞かせたときだけでした。

犬の言葉の理解力を知る


犬が理解できるのは単語レベルまで

最新の研究結果によって分かっているのは、犬は人の話す言葉の単語を聞き分けているということ。犬のしつけで定番の「オスワリ」を例に考えると、犬が理解できるのは「オスワリ」と言った話し手が意図している内容、それにふさわしい行動をとる方法ということになります。

また脳内で「オスワリ」の様子を思い浮かべることや、「オスワリ」という音を聞いて判断することも可能です。犬は話し手の動作や目線、声の大きさやイントネーションからではなく、話し手が発する単語を聞いてどうすればいいのかを判別しているのですね。

犬に話しかけるときは感情をこめたほうがいい?

アメリカ・ウィスコンシン大学が発表した実験結果によると、「マッテ」のような犬の抑制的な行動を指示するときは、低い声で呼びかけるのがよいとされています。反対に「オイデ」など犬に動的な行動を指示するときには、元気よく高い声で言ったほうが、犬には伝わりやすいのだそう。

実際のところは、犬が人の喜怒哀楽に共感したり、反発したりすることへの明確な答えは出ていませんが、感情をこめて話しかけることを心がけているうちに、犬がその感情を理解する日が訪れるかもしれません。

愛犬と通じ合える仲になるために


「イイコだね」とほめると、嬉しそうに見つめてくる愛犬たち。そんな愛犬たちと、今よりもっと通じ合える仲になりたいですよね。人の言葉を理解するメカニズムや犬に話しかけるときのポイントなど、今回ご紹介した海外の最新研究結果を踏まえて、少しずつ愛犬と心を通わせていってくださいね。

参考/「いぬのきもち」17年3月号『犬の言葉の理解力』(監修:帝京科学大学教授・理学博士 薮田慎司先生、帝京科学大学助教・博士 今野晃嗣先生、しつけスクール「Can!Do!Pet Dog School」代表 西川文二先生)
文/子狸ぼん
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

関連記事

おすすめ情報

いぬのきもち WEB MAGAZINEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索