散歩で愛犬にぐいぐい引っ張られると危険! やめさせるには?

思わぬ事故につながることも…引っ張りによるリスク


愛犬との散歩中、リードを引っ張られて危険な目にあったことはありませんか?お散歩にテンションが上がっているのは分かりますが、急に引っ張られてしまうと、飼い主さんが転倒するおそれもありますし、そこが自転車や自動車の多い路上だった場合は、巻き込まれ事故などの危険性もあります。愛犬も飼い主さんも最悪な結果にならないためにも、引っ張りグセはなるべく解消したいですね。

犬が引っ張ってしまう理由は?

犬がお散歩中に引っ張ってしまう理由は、「引っ張れば飼い主さんがついてきてくれる」と勘違いしているのだと考えられます。特に成長するにつれて力が強くなってくると、その傾向が見られるようになるので、飼い主さんと一緒に歩く方が楽しいのだと、あらためて教えてあげる必要があります。

引っ張りへの対処法とは?


1. 飼い主さんに注目すると楽しいと教える

1つめの対策は、「飼い主さんを見つめて歩くと楽しい」と覚えさせる方法です。まずオスワリをさせて、飼い主さんに注目させます。そして、飼い主さんに注目して歩けていたら、ほめておやつを1粒与えてください。その際は「イイ子ね!」などと、声をかけてあげましょう。

毎日のお散歩で継続すれば、飼い主さんを見つめることが良いことだと学習し、引っ張りグセも軽減するはず。おやつはあらかじめ、カバンやポケットに多めに持っていきましょう。取り出しやすい「おやつポーチ」もおすすめですよ。

2. 「イージーウォークハーネス」で予防

2つめは、アイテムを使った対処法。「イージーウォークハーネス」を装着して、お散歩に出かけましょう。「イージーウォークハーネス」は引っ張り予防のために作られており、引っ張ると犬の胸部が飼い主さんに向くようになっています。つまり、引っ張ろうとしても飼い主さんの方を向いてしまうので、前に進めないというわけ。やや強制的ではありますが、1つの手として覚えておきましょう。

3. 引っ張ると歩けないと教える

最後は、「引っ張ると歩けないんだよ」と教えてあげる方法です。愛犬がリードを引っ張り、ひもがピーンと張ったのを確認したら、その場に立ち止まりましょう。そしてひもが緩んだらまた歩き出し、引っ張ったら止まる、を繰り返します。練習するうちに、ひもが緩んでいないと前に進めない、と学習するようになりますよ。

大きな事故につながる前に…


日々のお散歩は、飼い主さんも愛犬もリフレッシュの時間になるでしょうし、特に一日の大半を家で過ごす犬は、開放感のある外の環境にウキウキしているはず。だからこそ、「楽しい時間」で終わらせたいですよね。もし引っ張りグセに悩んでいる方は、今回ご紹介した対処法を取り入れてみてください。

参考/「いぬのきもち」2017年8月号『しつけの3大困りごと、解決します!』(監修:Can! Do! Pet Dog School 代表 西川文二先生)
文/chiroko
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

関連記事

おすすめ情報

いぬのきもち WEB MAGAZINEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索