海を渡ってやってきた!犬にまつわる『深イイ!海外のことわざ』

私を愛するなら、私の犬も愛して(fromアメリカ)


「私のことを愛してくれるなら、愛犬も私の欠点もすべて愛して欲しい」という意味だそう。なんと甘い言葉なのでしょうか!犬は飼い主さんが知らない人と話していると、嫉妬することから生まれたのだとか。原文は「Love me, Love my dog」。簡単な英語なので、愛犬家のお姉さま方は、ここぞというタイミングで使ってみてはいかがでしょうか。

老犬は無駄に吠えない(fromエチオピア)


「経験豊富な老人の意見には耳を傾けた方がいい」という意味で使われるそうです。なかなか耳が痛いお言葉ですね…。このことわざは、犬の生態に通ずるものがあります。群れを統率するシニア犬は、普段は物静かに過ごしていますが、攻撃された時やピンチの時だけ群れをリードし、群れを救うのです。

犬に噛みつかれても、犬を噛むな(fromタイ)


犬に噛まれたときに「痛いな!ガブっ!」なんて噛み返しちゃう人はさすがにいないですよね?そのことから「相手に危害を与えられても同じように仕返しをせずに、冷静に対処するのがよい」ということを意味する言葉です。

犬は人間の最良の友達(fromアメリカ)


これは、愛犬家の皆さんも思われている方が多いのではないでしょうか。人間同士では、どんなに仲が良くても、ケンカをして疎遠になってしまったり、仕事の都合で離ればなれになってしまったりがあるかと思います。しかし犬は、どんなことがあっても離れず、ずっと一緒。

落ち込んでいる時や風邪で寝込んでいる時に、そっと慰めるように顔をペロペロしてくれる「物言わぬ優しさ」に励まされた方も多いのではないでしょうか。飼い主様に忠誠心を誓うことは、アメリカでも同じようですね。

恩知らずの人間より恩を知る犬のほうがまし(fromイラン)


「犬は飼い主さんへの御恩を忘れないのだから、まして人間は恩知らずではいけない」という意味で使われます。犬が飼い主さんに対して忠誠心を持つことは、万国共通であることが分かりますね。一つ前のことわざと同じように、最後に残るのは人間と犬の絆なのかもしれません。犬の行動から学べることはたくさんありますね。海外では独自の文化や犬との暮らしの中で、ことわざや格言が生まれてきました。しかし、人間と犬の深い絆があるという部分は、どこの国でも変わらないのではないでしょうか。国によって色んな表現をしているので、これ以外にも調べてみると面白そうですね♪

出典/「いぬのきもち」2018年1月号『ことわざ格言かるた』(監修:日本動物科学研究所所長 今泉忠明先生、ことわざ学会代表理事 北村孝一先生)
文/なかやまゆ
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

関連記事

おすすめ情報

いぬのきもち WEB MAGAZINEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索