飼い主かそうでないかを、犬はどうやって判断していると思いますか?犬は、私達が思っているよりもはるかに優れた能力を使って飼い主を認識しているようです。今回は、犬は飼い主のことをどのようにして判別しているのか?その方法を解説します。

「飼い主さんだ!」ってどうしてわかるの?


例えば、犬がお留守番をしていたとします。飼い主さんが家に帰ってきたとき、犬は家に誰かやってきたこと、さらには、それが飼い主さんであることをいち早く察知することができるでしょう。

あるいは、広いドッグランで遊んでいるとき、飼い主さんとの距離が離れても、人がたくさんいる中でも、遠くから飼い主さんを認識して、あえて呼ばなくてもなんとなく飼い主さんの近くにやってくる。ということはありませんか?

犬には、飼い主を判別する能力があるのです。

"音"と"におい"は犬にとって重要な情報

犬は、人間よりも聴覚や嗅覚がはるかに優れている動物ですが、視覚は人間よりも劣っているといわれています。このため、犬は、"音"と"におい"で飼い主の判別を行っていると推測されています。

獣医師によると、飼い主さんだと判別するために、"音"と"におい"からわかった情報を、犬が本能的に分析している可能性が考えられるそうです。

「聴覚」では、飼い主の声はもちろん、足音、歩くリズム、キーホルダーやバッグなど飼い主の持ち物から聞こえる音、「嗅覚」では、飼い主の体臭や普段使っている柔軟剤、香水などといったさまざまな情報を、犬は敏感に察知しています。

犬ってすごい!あるある、音にまつわるこんな話!

車のエンジン音でわかる?
犬にはまだ車が見えていないのに、飼い主が車が帰ってきたのがわかる!ということはありませんか?
→おそらくアクセルの踏み方やエンジンの音への反応と思われます。

マンションの階段を上ってきたのがわかる?
マンションの階段を上がると、同じタイミングで犬が家の中から吠えるということはありませんか?
→階段のある決まった段数に足がかかったときに、犬が音を察知して吠える反応と考えられます。

においは犬を安心させる役割がある


大好きな飼い主のにおいのしみついたセーターや毛布類などは、犬の不安定な精神状態を落ち着かせるために大きな効果があることから、犬にとって飼い主のにおいは、とても大切な役割を持っているのかもしれませんね。私達が思っているよりもずっと早い段階で、犬は「あっ!帰ってきた!」と気がついているのかもしれません。

警察犬のように特別な訓練を受けた犬でなくても、犬は、人間よりもはるかに優れた能力を使って、本能的に判別して飼い主を認識しているようです。

監修:いぬのきもち獣医師相談室
文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください