「もしも犬を飼えなくなったら…」 飼い主さんがとるべき対応は?

「愛犬とずっと暮らすつもりでいたけれど……」


予期せぬ事情により、愛犬を手放さなければならないケースも少なくないようです。

この記事では、「もしも犬を飼えなくなったときに、飼い主さんがとるべき対応」について、いぬのきもち獣医師相談室の先生が解説します。

「犬を飼えなくなってしまった…」 よくある事情って?


飼い主さんご自身の引っ越し、離婚、ご病気、お子さんのアレルギーなどで、愛犬を手放す例はよくあります。

また、ご高齢の飼い主さんの場合は、施設への入所や入院という理由も多いです。

愛犬への最後の責任として、新しい飼い主さんを探す努力を


もし飼えなくなってしまったのなら、愛犬への最後の責任として、新しい飼い主さんを探す努力をしましょう。

探し方には、以下のような方法があります。

① 自分の知り合いから探す

見ず知らずの他人に、大事なコを託すのは不安があります。まずはご自身の家族、親戚、友人のつながりから、引き取ってくれる方を探してみましょう。

手放した後にも、様子を知ることができる可能性もあり安心です。

② かかりつけの動物病院に相談

事情を説明すると、里親募集のポスターを待合室に掲示してくれたり、ホームページに載せて協力してくれる病院もあります。

まずは相談してみてください。

③ ネットの里親募集のサイトを利用する


最近は、ネットで里親になりたい人と犬をつなぐサイトがあります。金銭や書面など、各サイトでルールがあるので確認しましょう。

ただ、ご自身で相手を見極める必要があるので、大変な面もあるかもしれません。

④ 動物愛護団体や保護団体に相談

動物愛護団体や保護団体に愛犬を預け、里親を探してもらう方法もあります。そこで犬がどのような暮らしになるのか、事前にご自身で施設を見学しておきましょう。

また、犬を預かりお世話をし、里親さんが見つかるまでにはお金がかかります。当然ながら、お金の用意も必要です。

犬を飼えなくなったときに「してはいけない対応」は……


保健所に連れて行くことは、できる限りしないでほしいと思います。

誰かが愛犬を家族として迎えてくれる可能性を、最後まで探るべきです。ほかにも逃がしたり、どこかに捨てることも無責任です。

また、「無料で引き取ります」というところに愛犬を預けることは大変危険です。命を託すことは、お金が必要だということを理解してください。

犬を飼う前に、飼い主さんが持つべき「覚悟」とは


本来、犬を飼う前には、あらゆるケースを想定してから飼うべきです。それと同時に、飼い主さんは次のような覚悟もしっかり持ってください。

愛犬の一生を背負う責任感
愛犬のために使う時間とお金
愛犬を看取る日まで、ご自身が健康でいるための努力
引っ越しやお子さんのアレルギーなど、問題が起きたときの対処法を考えておく
やむを得ず愛犬を手放すことがあった場合、愛犬の里親さんになってくれそうな人や、保護団体に目星をつけておく

「命のリレー」で愛犬の命をつないで


犬と生活する中で予想外の出来事が起こり、やむを得ず手放すケースはたくさんあります。離婚や離職による生活の変化や経済面、ご自身の病気など、予想のつかないことも起こります。

もし、覚悟を持って始めた愛犬と生活ができなくなったときには、「命のリレー」で愛犬の命をつなぐ努力をしてほしいと思います。


(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/雨宮カイ


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

いぬのきもち WEB MAGAZINEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索