「激レアさん」で話題のシングルマザー美女が漁師のボスに君臨するまで

「激レアさん」で話題のシングルマザー美女が漁師のボスに君臨するまで

 4月16日放送の「激レアさんを連れてきた。」(テレビ朝日)に登場し話題となった、坪内知佳さん(31)。坪内さんの波瀾(はらん)万丈人生は、『荒くれ漁師をたばねる力』という本にもなっている。最初はCAをめざす可憐な女子大生だったという坪内さんが、荒くれ漁師のボスに君臨するまでには、幾度もの転機があった……。



*  *  *
 日本海に面した山口県萩市。その沖合に浮かぶ萩大島は古くから漁業で栄えた漁師の島だ。

 夕方出航した漁船が徹夜の漁を終えて、早朝、萩の港に戻ってくる。イキのいいアジやサバが次々と水揚げされる中、漁師たちの怒号に混じって、若い女性の声が響く。

「小西、おまえ、新人の面倒をちゃんとみたんか」
「魚はちゃんと向きをそろえて、丁寧に扱え!」

 彼女のひと声で、荒くれ男の集団が、右へ左へと素直に動く。たとえは悪いが、まるで猛獣使いのようだ。

 女性の名前は坪内知佳さん。萩大島の漁師たちで構成する船団「萩大島船団丸」の代表である。

 なぜうら若き女性が、海の男たちを束ねる女ボスになったのか。そこには坪内さんをめぐる何度もの転機の歴史がある。

 そもそも坪内さんは萩市とも、漁師ともまったく無関係。福井県の実業家の家に生まれた。CAに憧れて、高校時代にオーストラリアに留学。大学も外国語学部に進んで、CAへの道をひた走る今どきの女子大生だったのである。

 ところが最初の転機は大学時代に訪れた。

「アレルギー性の病気にかかり、CAの道をあきらめざるを得なくなったんです」

 夢を絶たれた坪内さんだったが、ほどなく気持ちを切り替えて、新しい夢を見つける。

「結婚して幸せなお嫁さんになりたいと思ったんです。当時つきあっている人が萩で勤めていたので、大学をやめて、萩市に嫁ぎました」

●ナンパしたのは巻き網漁船のベテラン漁師

 すぐに妊娠。21歳で男の子を出産し、幸せな結婚生活がスタートするはずだった。だが二度目の転機はこのとき訪れた。

 坪内さんは結婚して3年で離婚してしまったのだ。幸い、英語が堪能だったので、観光協会の翻訳の仕事や旅館の仲居さんの指導の仕事などで、生活していくことができた。

 三度目の転機は、この仲居さんの指導中にやってきた。

「年末の繁忙期でしたね。仲居さんのコンサルティングとして、お座敷に出ていたら、1人の漁師に声をかけられたんです」

 声をかけてきたのは、萩大島の漁師、長岡秀洋さん。船団を率いて巻き網漁を行うベテランの漁師で、漁師たちをまとめる船団長だった。名刺を渡したのがきっかけで、長岡さんから小さな事務仕事を頼まれるようになった。

●3万円で頼まれた漁業の再生。そして6次化の道へ

 そしてある日、突然、長岡さんから「話がある」と電話が入った。

 指定された喫茶店に行ってみると、そこには長岡さんを含め、3人の男性が待っていた。それぞれ萩大島で自分の船団を率いる船団の代表だった。

「このへんの海は魚が年々獲れなくなって、漁師の後を継ぐ若者も減っている。俺ら大変なんよ。あんたに漁業の明るい未来を考えてもらえないやろか」

 男たちは1人1万円、計3万円を坪内さんに渡した。

 これで漁業のコンサルタントを? 荒唐無稽の話だった。だが、坪内さんは「面白そう」と話に乗ってしまった。もともと好奇心旺盛。こわいもの知らずの性格だ。

「それに素朴でピュアな漁師たちのキラキラ光る目を見ていたら、彼らと何かやりたいと思ってしまったんです」

 これが四度目の転機となる。そしてここからさらなる転機と怒濤の歴史が始まった。

 萩大島の漁業の未来引き受けたはいいものも、何をどう始めたらいいかわからない。

 何しろ、坪内さんは漁業のことは何も知らない。つい昨日まで家庭にいた、ふつうの専業主婦だったのだから。

「試行錯誤していたとき、見つけたのが農水省が推奨していた6次産業化の認定事業者の申請制度でした」

 6次産業化とは1次産業である漁業の従事者が、魚を取るだけでなく、2次産業である加工や3次産業である販売も手がけることで、漁業の活性化をはかるというもの。

 1次(漁業)×2次(加工)×販売(3次)で6次産業化、というわけだ。

「間に入る中間業者を省いて、直接消費者と取引することで、魚をより高い値段で売ることができます。漁獲量が減っても、漁師の収入を増やせるわけです」

 農水省の認定事業者になる計画を長岡さんたちに持ちかけると二つ返事で賛成された。だが彼らには行政との交渉や販路の開拓などビジネスの根幹に関わるマネジメントがわからない。

「あんたが代表になってや」と言われて、やむなく代表を引き受けた。これが5度目の転機となる。

●ジャージと長靴。品のいい奥様スタイルから大変身

 3つの船団は「萩大島船団丸」として統一された。坪内さんは気がつくと60人の荒くれ漁師を率いる船団のボスになっていたのである。

 だが本当の悪戦苦闘はここから始まる。最初にぶつかった壁は、旧態然とした漁業のしくみだった。

 漁協を頂点とする仲卸、問屋、小売りのシステムは、消費者とじかに取引する「萩大島船団丸」のビジネスモデルとまっこうからぶつかったのだ。

 漁協との対立。ほかの漁師仲間からも白い目で見られ、「萩大島船団丸」をやめていく漁師たちもあいついだ。

「漁業も知らない都会の小娘に何がわかる」

 このとき坪内さんは決意した。

「私も地元の人間になってやる!」

 ビジネスの現場で馴染んだスーツを脱ぎ捨て、ジャージと長靴姿に着替えた。そしてそれまで使っていた標準語ではなく、荒々しい漁師たちの「島言葉」を使い始めた。

「漁師たちに信頼してもらうためには、こちらから彼らの中に飛び込まないといけないと思ったんです」

 6度目の転機だった。漁師たちはためらいながらも、坪内さんについてくるようになった。だが試練は次々と押し寄せる。

●漁師と殴り合いのけんかのはてに

 消費者との直接取引を始めたが、最初は思うように客先が伸びなかった。

 坪内さんは「萩大島船団丸」の魚を買ってくれるお客さんを開拓するために、大阪の繁華街を飛び回っていた。

 そんな坪内さんについて「大阪の飲み屋街で遊び回っとるらしい」といううわさがたち始めた。

 漁師たちの坪内さんを見る目がだんだん厳しくなる。ついにある日、くすぶっていた不満が爆発した。

 船団長の長岡さんと坪内さんの意見が対立。激しい言い合いからつかみ合いになったのだ。話し合いの場から立ち去ろうとした長岡さんを引き留めようと坪内さんが彼の服を掴むと、思わぬ展開に発展する。

「勢い余って長岡のメガネが飛ぶし、ウインドブレーカーは破けるし。長岡が急にシュンとしたんでおかしくて」

 坪内さんは思わず吹き出してしまった。そんな坪内さんを見て長岡さんもどこか気が落ち着いたようだった。

 漁師たちは息を飲んで坪内さんを見つめていた。気がつくと、坪内さんは海の男を前に一歩も引かない、荒くれ集団の女ボスになっていたのだ。

 それからも漁師たちとの対立は数えきれないほど勃発した。漁師たちをまとめていた長岡さんが船団丸をやめて、半年ほど顔を出さなかったこともあるという。

「それでも、萩大島の漁業を何とかしたいという思いはみんな同じ。目的が同じならひとつになれます。最終的には長岡も戻ってきて、今もけんかしながら、試行錯誤を続けています」

 坪内さんは漁師たちの収入を支えるため、多角化を行う新しい会社「株式会社GHIBLI」も設立した。

 これから先、坪内さんと漁師たちには何度も試練や転機が訪れるだろう。それでも「海が青いうちは漁業を続ける。日本中の漁業を元気にしたい」と、漁師のボスの坪内さんは明るい未来を語るのだ。(文/辻由美子)

関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

仕事術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

仕事術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索