もう振り回されない! こき使ってくるアホへの撃退術<アホから解放される相談室>

もう振り回されない! こき使ってくるアホへの撃退術<アホから解放される相談室>

「アホとは戦うな。時間の無駄である」と提唱する、元政治家であり、現在はシンガポール・リークアンユー政治大学院で教鞭を執る田村耕太郎さん。しかし、シリーズ75万部を突破した著書『頭に来てもアホとは戦うな!』の読者からは、「それでも戦ってしまう……」と多くの悩みの声が寄せられているという。

 日々の仕事・暮らしの中で「アホ」に悩んでいるあなたに、ちょっとでも気持ちが楽になるヒントを田村さんが提案する連載「アホから解放される相談室」。今回は「こきつかってくるアホにはどうしたら」というお悩みについて。

*  *  *
【相談】

 20代の派遣社員の女性です。気弱そうな性格に見えるせいか、相手にうまく使われることがとても多くあります。

 たとえば、わたしの仕事ではない正社員の雑用を押しつけられたり、陰で努力していたことを自分の手柄のようにかっさらわれたりすることもあります。

 余裕があるときは、「少しでも役に立てたなら」と、前向きに解釈することができたのですが、自分の未来の先行きが見えないこともあり、こうした役割を押し付けられるのが苦しくなってきました。
こんな扱いを受けても、何も言えずニコニコ引き受けてしまう自分が嫌いで嫌いでたまりません。

 そもそも、私は自分に自信がありません。周りと比べて劣っている自覚もあります。だからこそ、「都合のいい存在」を引き受けてしまうのかもしれません。
こんな自分から脱却するには、どんな心がけや、言動をすればいいでしょうか。

■アピールするのは恥ずかしいことではない

「都合いい」とは「(自分のために)利用しがいがある」ということです。

 日本では、誠実さや従順さが良しとされますが、それはあくまで利用者からみた使い勝手の良さを下々に叩き込むための仕組みです。都合のいい存在から脱却するためには、ここに気がつくことが大切です。

 ただ、敵を作ったりするのは愚かなことなので、あくまで表面上は友好的に、しかし無駄に利用されないことが必要です。

 そのためには「陰で努力しない」ことです。手柄は手柄として理解されるように、「表に出す」出す必要があるのです。一番大事な評価者にはもちろん、その周りにも
「自分が始めて、そしてできたことだ」と手柄になる過程を全て公開してシェアすることです。

 成果が出たあとで手柄として公表したら嫌な奴になりかねませんが、最初からさりげなく「自分がやっています」とアピールすることは無理がありません。自分の貢献状況をみなにシェアするのは、早ければ早いほど自然です。

 具体的な方法としては、「今、こんなことをしているんですよ」「自分なりにこんな工夫を考えています」などと、ニコニコと自然に頑張りを周囲に伝えていくことです。アピールというと出しゃばっているイメージがあり、やりにくいかもしれませんが、こうした方法なら、謙虚な人でもしやすいはずです。

 せっかく仕事を引き受けたのに、隠れて努力をしたために手柄をとられて、モヤモヤを抱えながらそれでも笑顔でいるなんて、あまりに悔しいことです。

 あなたの努力が理解されれば、評価につながり大きなチャンスが与えられる可能性もありますし、何より最終的に気分が悪くなることはありません。

 苦しい思いを抱えながらも、ニコニコとできるのは最強の武器です。それをアピールに活かしましょう。

 努力は見せないと意味がありません。繰り返しますが、「陰で努力しても誰かが見てくれている」というのは、あなたを利用しようとしている人が、言い訳としてあなたにすり込もうとしているだけです。

 努力を表に見せるということを「格好悪い」などと卑下しないことです。見せていないとずるい人に利用されてしまうだけです。

 お人よしはもうやめましょう。あとで後悔します。最終的に利用されて、苦しくなっているのが何よりの証拠です。

「役に立つ」という考え方ももちろん大事ですが、それはあなたの評価を上げるためにやることです。利用されるためにやるべきことではありません。あなたの遠慮がちな姿勢は搾取側から見たら蜜の味ですよ。

 今の自分に自信がないとのことですが、周りと比べる必要はありません。自信はあった方がいいですがあり過ぎても問題です。

 何事も淡々と安定してこなしていくこと、それが大切です。すると、振り返れば意外に大きな実績を積み上げていて、それが自信の根拠になってきます。自信そのものを考える暇があれば目の前のことに集中する方がいいでしょう。

 目の前の仕事をアピールしながら懸命に頑張っていたら、「自信がない」などと考える暇もなくなります。取り組んだことは全力でやるしかないのです。

 オドオドしたり、もちろんふんぞり返ったりする暇はありません。泣いても笑っても全力でやるべきことをやっていれば、それなりに結果が出ます。

「自信がない」と考えている瞬間は、たいてい手が緩んでいるものです。

「やるしかない」、そういう気持ちでアピールを忘れずに全力で向かう、その姿勢が評価はもちろん、根拠ある自信形成にもつながります。


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る