新型コロナウイルスの影響で、働きかたを見直した人も多いはず。企業と副業希望者のマッチングサービスを手掛ける「Another works」によると、同社サービスに登録する副業希望者は3月からの2カ月で約4千人も増えたという。背景を同社代表取締役の大林尚朝さんに話をうかがった。

 同社のサービスは「即戦力人材を求める企業」と「スキルの提供者」で成り立っている。そもそも意識の高い者同士のマッチングの場だったが、コロナ禍で、大手メーカーなどこれまで登録のなかった企業に勤務する正社員の登録も増えたという。「在宅勤務で増えた可処分時間を活用したい」というのが理由だが、同時に、求人を希望する企業側からの引き合いも増えている。

「新型コロナの影響は確実にあります。副業はブーム期に入ったといえるでしょう」

■今、企業側がほしい人材とは

 採用する企業側はどのような人材を求めているのだろう。

「営業職などビジネスサイドへのニーズが高いです。ベンチャー企業を中心に、人件費を固定費ではなく変動費と捉える流れはこれまでもありましたが、今春以降、それが強まっています。営業であれば、フェーズごとに飛び込みが得意な人材、ある業界に人脈を持っている人材、というように、最適なスキルを持つ人材に業務を委託するケースは増えています」

 珍しいところでは、対面営業の際にピンポイントで同行してくれる営業人材がいないか、という相談。

「その人はエンジニアで、営業に苦手意識がある。だから、客先で“営業トーク”をしてくれる人が付き添ってくれるだけで安心できるというのです。こういうニーズは、想定外でした」

 営業職以外にも、特化した知識や経験へのニーズは高い。

「例えば、人事。転職サイトなど、多数展開されている採用ツールをどう使いこなせばよいのかがわからないので、運用経験のある人材の助言がほしい、という要望がありました。ほかにも、リスティングやSNSの広告運用の知見があるマーケターを求める企業は多いです。直近では、コロナ禍によりマーケティングを行いにくい状況が続いているので、戦略そのものを立て直せる人材へのニーズも高まっています」

■副業を始めるコツは?

 副業を始めるためには、どうすればよいのだろう。

「まず、自分のスキルを“棚卸し”することから始めましょう。本業にしっかりと取り組んできた人であれば、必ずそのスキルや業界の知識、人脈を必要とする企業はあるはず。まず自己分析しましょう」

 その次に大切なのが、目標や将来像を明確に持つこと。単なる“お金”目的だとモチベーションが持続せず、本業までおろそかになってしまうケースが珍しくないという。目標のあり方は人それぞれだが、いくつか事例を紹介してもらった。

「大手企業でデザイナーとして働いていたが、育休期間で本業には戻れない。しかし、仕事勘を鈍らせたくないので、副業に挑戦するという人がいました。専門職だと、在宅でオンライン会議も制作もこなせるので、復帰に向けてよいプロセスになっているようです」

 他社のカルチャーに触れ、仕事や人生の幅を広げたいという人も少なくない。

「極端な人の場合、報酬はいらないので会議などに参加させてほしい、という要望もあり驚きました。新卒から同じ企業に勤めている人の場合、今の自分のスキルが違う企業や業界でどれくらい通用するのか試してみたい、という思いもあるようです」

 独立や転職を検討している人たちが副業を始めるケースもある。

「次のステージに挑戦するために必要なスキルや経験を、本業では身につけられないので副業で習得しよう、という目的です。特に独立の場合、現在の勤務先をすぐに辞めるのはリスクを伴うので、副業を起業までの準備期間と位置づけ、新しい人脈を開拓する人もいます」

■個の能力が問われる時代へ

 在宅勤務の浸透や残業時間の短縮、さらには週休3日制を検討する動きも出てきており、会社員の可処分時間はさらに長くなりそうだ。一方で、本業の収入減も予想される。今後、副業は一般化していくのだろうか。

「法整備など制度が不十分な部分はあるものの、解禁企業は増えてきており、先進企業では社内制度を整え副業を後押しする動きも出ています。それと同時に、社員に対する企業の評価は、より厳しいものになるでしょう。一人一人の個の能力や成果が問われる傾向は強まり、副業人材への期待は確実に高まるはずです」

 自分の力はどれくらいか。個として、やりたい仕事はなにか。副業時代に備え、スキルセットや仕事観を改めて考えてみる必要がありそうだ。(文:カスタム出版部)