ステーキチェーン店の熱き戦いが起きている。独特の事業モデルで市場を切り開いた「いきなり!ステーキ」などを運営するペッパーフードサービスが失速するなか、沖縄県を発祥とする「やっぱりステーキ」が東京進出を果たした。すかいらーくホールディングスや松屋フーズホールディングスなども低価格のステーキメニューを打ち出し、殴り込みをかける。



 ペッパーフードサービスは7月3日、ステーキ料理をリーズナブルな価格で提供してきた「ペッパーランチ」を投資ファンドに売却すると発表した。ペーパーフードの売上高全体に占める割合は小さいものの、収益力は「いきなり!ステーキ」よりも高いとされる。「いきなり!ステーキ」「ペッパーランチ」の国内114店を閉じるとともに200人規模の早期希望退職を募ることも、同時に発表した。売却額85億円は、「いきなり!ステーキ」のリストラや経営立て直しなどに充てるという。

 同社が「いきなり!ステーキ」を始めたのは2013年。グラム単位で肉を切り分けたり、立ち食いを採用したりといった画期的なスタイルで注目された。約6年で全国500店と急成長したものの、メニューの値上げなどが裏目に出て業績が低迷。2019年12月期まで2年連続で純損失を計上し、米国からの撤退も表明した。

 “先輩”の苦戦を横目に、勢いを増すのがディーズプランニング(那覇市)が運営する「やっぱりステーキ」だ。コロナ禍にありながら、6月17日にオープンした東京都内1号店となる吉祥寺店(武蔵野市)は開店当初、連日2時間待ちの行列ができるなど快走を続ける。

 後発の「やっぱりステーキ」は、「いきなり!ステーキ」に遅れること2年後の15年に開店した。吉祥寺店を加えて現在、全国51店舗。本拠地・沖縄県の24店をはじめ福岡県や愛知県、仙台市などで地盤を固めながら版図を拡大する。そしていよいよ、全国的な知名度を高めるために首都へ乗り込んだ。

「都内1号店を吉祥寺にしたのは、住んでいる人や働いている人、訪れる人がバランスよく混在し、年齢層も幅広いと感じたからです。当社がめざしている『ステーキの大衆化』を実践する場として最適だと考えました」(広報担当者)

 新型コロナの影響で開店時期が当初計画より遅れたものの、1日当たり来店者数は300〜350人を維持しているという。

 同社の特徴もまた、手頃な価格帯と効率的な店舗運営にある。例えば、赤身のミスジ肉を、溶岩石を使ったプレートで焼き上げる看板メニュー「やっぱりステーキ」は、150グラム1千円程度。「いきなり!ステーキ」の中心メニューと比べても、少量から注文できるうえ割安だ。ラーメンの「替え玉」のように、ステーキを「替え肉」として追加注文できる。ライスやスープ、サラダもセットで付き、食べ放題だ。支払いは食券制で、サラダや飲み物をセルフサービスとするなど省力化している。

 開店まもない吉祥寺店だが、「いきなり!ステーキ」の店から歩いて数分と近い距離にある。店名についても「似ているね」と客から言われることが多い。そもそも、店名は沖縄の食文化に由来するのだと、前出の広報担当者は説明してくれた。

「沖縄には、お酒を飲んだ最後にステーキでシメる文化があります。『シメはどうする?』『やっぱりステーキでしょ!』という、いつもの仲間同士で繰り返す掛け合いが、そのまま店名になりました。『いきなり!ステーキ』さんは、もちろん業界を切り開いた先駆者的存在で尊敬しています。今後も一緒にステーキ業界を盛り上げていければと思います」

 改めてペッパーフードサービスに、「やっぱりステーキ」の東京進出について聞いた。

「当社も、もともと日本にステーキ文化を根づかせたいという思いをもって展開してきました。『やっぱりステーキ』さんをはじめ、いろいろなステーキチェーンが元気になるのは業界全体に追い風となります。日本でも、ステーキを食べることが普段の食事の選択肢に入るようになってほしい」(広報担当者)

 新型コロナで、外食チェーンは軒並み売り上げの減少に苦しむ。はたして今後、ステーキチェーンの“共存共栄”が進むのか。新たな生活様式としてステーキ文化がさらに根付くのか、注目したい。(本誌・池田正史)

*週刊朝日オンライン限定記事