堂本光一「昔の人は強いんですよ(笑)」キンキ20周年、デビュー当時を語る

堂本光一「昔の人は強いんですよ(笑)」キンキ20周年、デビュー当時を語る

 1997年7月21日にシングル「硝子の少年」とアルバム「A album」の同時発売でCDデビューしたKinKi Kidsが、今月20周年を迎える。新曲「The Red Light」の発売をはじめ、記念コンサート、音楽番組「LOVE LOVE あいしてる」(以下、「LOVE LOVE〜」)やドラマ「ぼくらの勇気 未満都市」(以下、「未満都市」)の復活など、イベントが目白押しだ。堂本光一さんにこれまでのことや、これからについて聞いてみた。

*  *  *

──20周年を迎える感想は?

 正直、20年という感覚がないんですよね。CDデビューする前から歌番組に出ていたし、コンサートもしていましたから。そのときは自分たちの曲がないから、どの曲をやろうかと先輩の曲から探すわけです。そこからですね。自分たちをどう見せるか考え始めたのは。

──デビュー前後の忙しさは、かなりのものだったと。

 地獄でした(笑)。たとえば「未満都市」(1997年)というドラマの撮影は、朝7時に始まって、終わるのが朝4時、そしてまた朝7時入りだったりするんです。それが週5日、3カ月続くわけです。

──よく乗り越えられましたね。

 昔の人は強いんですよ(笑)。こんなこと言ったらよくないのかな。まあでも、当時はそれが当たり前だと思っていましたから。

──スペシャルとして復活する二つの番組は、お二人の思い入れも強いのでは?

 剛とのドラマ共演は、「未満都市」以来ですからね。「LOVE LOVE〜」は、音楽というものを学んだ場所です。あの番組がなかったら、自分で音楽を作ることはなかったでしょう。

──光一さんは自他ともに認める仕事人間ですが、仕事は楽しい?

 楽しくなかったら、やってないでしょうね。デビュー当時はただただ忙しくて、楽しいなんて思いはありませんでしたが。当時に比べれば今は自分のペースで仕事ができていると思います。

──インタビューでは「仕事が趣味だから息抜きの時間は特に必要ない」と語っていましたが。

 ないですね。12歳から始めたことが、自然と生涯の仕事となった。仕事するのが当たり前、生活の一部です。それは幸せなことですよね。就職難とか言われる時代に、ありがたいことです。

──今38歳。結婚を意識したりは?

 いつかは結婚したいです。自分の家族のような家庭を築けたら、それは自分の人生にとっていいことだと思います。

──どんなご家族ですか?

 みんなバラバラに暮らしているし、最低限の連絡しかしませんが、それでもつながっていると思えるのかな。とにかく、私の仕事にまったく関与してきません。

──舞台を見に来たりは?

 それすらわからない(笑)。一度も楽屋に来たことがない。

──「テレビ見たよ」というやりとりもない?

 一切ない。別に「来るな」と言っているわけじゃないですが、私の性格をわかっているんでしょう。親から連絡が来るのは、何かよくないことが起きたときですね(笑)。

──最後に、ファンの皆様へのメッセージをお願いします。

 えっ、困ったな。……いつもありがとうございます。20年以上応援してくださっているファンの方も多いですから、おそらくそれなりの年齢でいらっしゃるのではないかと(笑)。お互い体に鞭打って、頑張って生きていきましょう。

※週刊朝日 2017年7月21日号

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索