AKB48茂木忍が早大で津田大介に明かした“ブログ炎上”の過去

AKB48茂木忍が早大で津田大介に明かした“ブログ炎上”の過去

 7月24日、早稲田大学でジャーナリストの津田大介さんによる特別授業が行われた。授業では、ゲストのAKB48の茂木忍さん、週刊朝日編集長の佐藤修史さんとともに、「情報社会を生きるために必要なメディアリテラシー」について語ってくれた。



 1年半前、茂木さんは、政治やメディアの仕組みをわかりやすく解説した本『日本一やさしい「政治の教科書」できました。』の企画で、津田さんと、憲法学者で首都大学東京教授の木村草太さんの二人から講義を受けた。授業を通じて成長した茂木さんだが、過去にはブログ炎上した経験があると明かした。

※「AKB48にとっての総選挙『アイドルも政治家も同じ◯◯で成り立っている』」よりつづく

*  *  *
「ニュースを見て、アイドル活動に役立つことってありますか?」

 津田さんの質問に、「もちろんです」と頷く茂木さん。意外にも、握手会やライブで話題にすることも多いという。

「特に劇場でMCをやるとき、軽い時事ネタを入れるとお客さんのウケがいいんですよ。やっぱり皆が知ってる共通の話題だからかな」

 興味のある情報は、もっぱらスマホのアプリやLINEニュースを活用して仕入れているそうだ。一方で、新聞や雑誌を読むことは、ほとんどないという。

 津田さんは、「各メディアの性質を理解して、バランスよく情報を仕入れることが大事」と語る。

「実は、細かく見ると、メディアによって書いてあることが微妙に違ったり、掘り下げてある深さが違ったりします。できれば『ネット』『紙』『人』と、複数の情報源を持てるといいですね」

 また、同じメディアであっても、発信元によって出来事の報じられ方が違うこともある。特に新聞や雑誌は、それぞれの社がもつイデオロギーを優先するあまり、偏向報道に陥りやすいという指摘があることも確かだ。

 これについて、佐藤さんは「極端に偏らないような配慮は必要」とした上で、「事実をわかりやすく伝え、重要な問題点を提起するまでがメディアの仕事でしょう」と指摘する。

「例えば、新聞やテレビは、編集や意見を加えずに1次情報だけそのまま出せばいいという批判もあります。しかし例えば、政府が日々発表する何十枚もの書類や何時間にも及ぶ国会答弁をそのまま報じたところで、読者や視聴者は何がニュースなのか理解できないですよね。だから朝日や産経など、各社が独自の視点で分析して要点を報じている。大切なのは、読者がそれらの情報を『選ぶ自由』があることだと思います」

 一方で、TwitterやインスタグラムなどのSNSが普及した昨今では、情報を正確に読むだけでなく、誤解なく伝えるリテラシーも重要になりつつある。芸能人、一般人関係なく、不適切な文章や画像を掲載して、袋叩きにあうことも珍しくない。

「私はTwitterと、755というアプリをやっているんですが、それぞれ書く内容を変えていますね。Twitterはファン以外の方からも見ていただく機会が多いので、基本的に『読んでいる人は誰も私のことを知らない』という意識で書いています」

 今ではすっかりSNSを使いこなしている茂木さんだが、過去にはブログが炎上した経験もあるとか……。

「私は、割と自分の意見をはっきり言うほうなので、昔は自分が腹が立ったこととかをブログに率直に書いていたんです。そしたら批判コメントが殺到して……。そのときは『何で!?』と思いましたけど、今振り返ると、配慮が足りなかったと思います」

 怖いのは、一度ネガティブイメージがつくと、簡単には拭い去れないことだという。

 このような炎上は、発信する側と受信する側の間に「情報ギャップ」があるときに起こりやすいと、津田さんは書籍の中でも分析している。

「簡単にいうと、相手が内容を理解するために必要な情報が抜け落ちていて、意思の疎通がうまくできていないんです。だから例え茂木さんには悪意がなくても、読み手によっては、自分が批判されているように感じられることもある」

 特にTwitterなどは、文字数が限られているため誤解を招きやすい。ネットでは、対面で話す以上に、慎重に言葉を選ぶ作業が必要といえそうだ。

「失敗を経験して何か変わりましたか?」と言う津田さんに、「自分の主観を一方的に押し付けるのではなく、相手の話に耳を傾けるようになりました」と答える茂木さん。

「自分の考え方自体を変えることは難しいかもしれませんが、伝え方次第で、相手が受け取る印象はずいぶん変わることを学びました」

 津田さんは「それこそがコミュニケーションの本質だ」と言う。

「情報を正確に伝えるために、読者の存在をイメージして表現を選ぶというのは、発信する側の基本だと思います。ネットであっても、言葉を投げかける相手が“人”であることに、変わりはありませんから」

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索