広瀬アリス、「わろてんか」クセのある演技が高評価 強気キャラは素の顔?

広瀬アリス、「わろてんか」クセのある演技が高評価 強気キャラは素の顔?

 女優の広瀬すず(19)が、3月11日に放送されたバラエティー番組「おしゃれイズム」(日本テレビ系)に出演し、姉で女優の広瀬アリス(23)との姉妹喧嘩について明かした。お互いがハードスケジュールの時は、小さなことで喧嘩になると言い、なかでもソファの取り合いが一番激しく、「大体ソファって横になって足を伸ばしたいんですよ、家族みんな。(アリスが)そこに座ってて、一瞬トイレに行って、(私が)知らずにそこに座ると、そこからケンカになるんですよ」と告白。さらに、「結局、反対側に座って脚同士で『あー! えい!』みたいな感じで、本当の蹴り合いみたいになってましたね」と“対戦”の様子を説明した。



 広瀬アリス・すず姉妹は今、揃って女優として活躍中。すずは今年の1月期ドラマ「anone」(日本テレビ系)で主演を務め、一方のアリスはNHK連続テレビ小説「わろてんか」に出演している。特に姉のアリスは、気が強くて一癖も二癖もある女漫才師・リリコを好演。ネット上でも、「ここまで演技力があったとは……」「気の強い役がとても上手い!」「すごく魅力的」と称賛の声が相次ぎ、評価はうなぎ上りなのだ。そんなアリスだが、実生活でも気の強さを感じさせる一面があるという。

「姉妹喧嘩の話ですが、アリスのほうもバラエティー番組でその様子を話していたことがあります。アリスのほうが感情の起伏が激しく、すずがしつこく話しかけてくるとイライラしてケンカに発展し、時には張り倒すこともあったそうです。そもそもアリス自身、子供の頃は男の子のような性格だったとか。ドッジボールの時は相手から本気でボールを投げられたり、異性から『男だったら大親友』と思われるようなキャラだったといいます」(テレビ情報誌の編集者)

 まさに、アリスの気性の激しさがうかがえる話だ。見た目は女性らしくても、未だ子供の頃の性格が多少影響しているのだろうか。さらに「趣味の部分でも男の子っぽさがある」と証言するのはスポーツ紙の芸能担当記者だ。


「マンガ好きで知られるアリスですが、特に青年マンガが大好きなんです。しかも、『東京喰種トーキョーグール』や『ギフト±(プラスマイナス)』といったグロいマンガが好み。『ギフト±』といった臓器売買をテーマにした作品では、人体をバラバラにする心理に興味を惹かれると話していました。また、臓器自体にも興味があり、理科室にあったカエルの解剖標本をずっと眺めていたこともあったそうです」

 「臓器が好き」という一風変わった感性を持つアリス。加えて、マンガの好みもかなりバイオレンスである。

「今年の2月に公開された映画『巫女っちゃけん。』では主演を務めましたが、この映画で『ババア』『ブス』と周囲に吐き捨てる、口も態度も最悪という巫女を演じきった。本人は『自分に合っている』と思っていたそうですよ。今回の朝ドラも、本来の気質と役柄が重なる部分があるので、イキイキと演じることができ、それが高評価に繋がっているのでしょう。そんな役に巡り合えたことで、女優として生き抜くための武器のひとつを手に入れたかもしれません。強気でアクのある女性を演じられる若手女優は少ないので、これからも活躍が期待されます」(前出の編集者)

 2008年に女優デビューと芸歴は長いアリス。もちろん、明るくピュアな女子高生といった清純な役も多く経験している。今後、さらにさまざまな役に挑戦することで、より幅の広い女優へと成長していきそうだ。(ライター・丸山ひろし)

関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索