「太平記」出演の陣内孝則が語る「デヴィット・ボウイ的なバサラ大名を目指した」

「太平記」出演の陣内孝則が語る「デヴィット・ボウイ的なバサラ大名を目指した」

 大河ドラマに不可欠なナレーションが、予期せぬ効果を生むことがある。

 物語の時代背景を視聴者にわかりやすく伝えることがナレーションの基本だが、「武田信玄」では若尾文子の「今宵はこれまでに致しとうございます」が流行語になり、歴代2位の高視聴率を記録した。

 そんな“語りの面白さ”だけではないケースもある。55作目「真田丸」では織田信長、明智光秀などの有名武将の最期が描かれることなく有働由美子アナのナレーションの一言で処理する、“ナレ死”(ナレーションのみで説明する死)という新語がうまれた。

 また、「この主人公は今から〇〇〇年前に生を受けた」や「享年××だった」という生没年の“語り”は、視聴している者の現在と主人公の生死の遠近を実感させ、ドラマ世界にスムースに導入させてくれる。

 例えば大河55年間、57作品のなかで一番遠い時代の主人公は平将門(『風と雲と虹と』)で、没後1078年。二番目は平清盛(『新・平家物語』)の没後837年、三番目は源義経(『源義経』『義経』)の829年と続く。

 前置きが長くなったが、大河ドラマ第29作目(1991年/平成3年)は大河史上初の南北朝時代もの「太平記」で、主人公の足利尊氏は没後660年、大河史上6番目に遠い時代の武将だ。

 原作は、吉川英治が病床で執筆した最晩年の歴史小説「私本太平記」。1962年3月に脱稿したが、その年の9月に逝去。享年70歳。

 南北朝時代は皇室が二つに分裂した特異な時代。皇室関係と歴史観が絡み合う複雑微妙な時代をよくぞ取り上げたとの声がある一方で慎重論も多かった、という。鈴木嘉一著「大河ドラマの50年」(中央公論新社刊)には、放送総局長のポストにあった遠藤利男が「皇国史観を引きずった昭和が終わり、時代は平成に変わった。やるなら今だと決断した」と書かれている。

 足利尊氏に対する世間の否定的なイメージを打破したいと尊氏所縁の地・足利市は、一億四千万円を投じて佐野市の旗川河川敷に京都と鎌倉の大オープン・セットを建設。そこで撮影された「鎌倉炎上」(第22話)は、大河史上屈指のスペクタクル・シーンとして今も語り継がれている。

 壮大なオープン・セット以上に話題になったのは、チーフ・プロデューサーを務めた高橋康夫が主導したキャスティングだ。主演の足利尊氏役の真田広之、北条高時役の片岡鶴太郎、後醍醐天皇役の片岡孝夫、佐々木道誉役の陣内孝則、高師直役の柄本明、楠木正成役の武田鉄矢、新田義貞役の根津甚八、藤夜叉役に宮沢りえ、北畠顕家役には後藤久美子が男装して扮するなど大河ドラマ史上最高の顔揃えといっていいだろう。

 プラハ国際テレビ祭最優秀脚本賞を受賞した「約束の旅」(1987年)でコンビを組んだ演出の佐藤幹夫と脚本の池端俊策は、登場人物の性格と演者の持ち味を撚り合わせることに執着した。その結果、登場人物たちはまるで歴史書から躍り出たかのような存在感を発揮し、ドラマに血を通わせた。

 なかでも飛び抜けて強烈な印象を残したのは、陣内孝則が演じた佐々木道誉(どうよ)だ。金ぴか衣装、気障なセリフと突飛な言動で周囲を翻弄する婆娑羅(バサラ)大名の道誉。陣内さんは当時のことを次のように語る。

「あのころの僕は歌、テレビや映画をかけもっていて多忙でした。だから佐々木道誉の役をいただいたときも資料を読まずに現場に飛び込んだという感じだったのですが、道誉という人を知れば知るほど共鳴していきました。僕は音楽をやっていたので、デヴィッド・ボウイに代表されるグラムロックの感じで道誉を演じたらどうかと思うようになりました。池端さんの脚本も明解で素晴らしかったし、演出の佐藤さんも道誉の衣裳はどんなに派手でもいいと仰っていたので、思い切り派手な衣装に合うようなセリフ回しを考えました」

 モノクロームの「太平記」の世界でただひとり、陣内道誉だけが満艦飾の色彩を放っていたのは、道誉を“ヴィジュアル系元祖”と位置付けたからだった。ザ・ロッカーズのボーカルとしてデビューし、数々のトレンディ・ドラマや映画に主演してきた陣内さんは、道誉について更にこう語る。

「僕たちは新人類と呼ばれていたのですが、道誉はまさに南北朝時代の新人類なので同類のように感じました。コンプライアンスとかパワハラなど規制の強い社会で生きている現代人には、道誉の変幻自在で自由な生き方は何かを示唆してくれるかもしれませんね。道誉は僕が出会った役のなかでは最も好きなキャラクターです」

 大河ドラマのターニングポイントとなった「太平記」は、大河全スタッフ・キャストがチャレンジング精神を発揮して生まれた傑作だ。(植草信和)

関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索