山下智久は“とがってた”? 「コード・ブルー」5人の「10年前と変わったこと」

山下智久は“とがってた”? 「コード・ブルー」5人の「10年前と変わったこと」

 2008年の最初の放送から、10年にセカンド、17年にサードシーズンと続き、今年7月27日に劇場版として帰ってくる。10年も続いた作品だからこそ特別な思いがある主要キャスト5人が語り合った。



*  *  *
──「コード・ブルー」がついに劇場版になりました。完成品の感想を教えてください。

山下智久:「コード・ブルー」の芯はそのままに、スペクタクル感がプラスされてました。そこに患者さんのドラマが吹き込まれて、感情の行ったり来たりがすごい。ジェットコースターに乗ってるような気持ちでした。全身で「コード・ブルー」を感じるあの感覚を、ぜひ映画館で味わってほしいと思いました。

新垣結衣:一言でいうと、ぎっしりしてました。展開が速くて気持ちがどんどん次に引っ張られていくので、目を離す隙がないくらいでした。

戸田恵梨香:私の演じる緋山はサードシーズンからあまり事故現場に立たなくなっていたので、完成品を見て「こりゃ大変だったな」と思いました(笑)。より5人の思いが強く感じられたのが感慨深かったし、やれてよかったなと思いました。

比嘉愛未:スタッフもキャストもドラマと同じだったので、撮ってるときは映画という感じがあまりなかったんですが、完成品を見て、映像の迫力や音だったりで、自分がそこに居合わせてるような感覚を味わいました。

浅利陽介:そうそう、音ね。空港でヘリと飛行機が並走したり、目で見るスケールも大きいなと思いましたけど、医療器具の音とかがすごく生っぽく聞こえて、リアリティーを感じました。

戸田:音の壮大さはすごかった。ちょっと鳥肌が立ちました。

比嘉:それが映画の醍醐味なんでしょうね。ファンの方の期待に応えられていると思います。

──10年前といまと、キャラクターもご本人も変わりましたよね。どの辺が変化しましたか?

山下:僕は他人に興味を持てるようになりました。人を好きになった。10年前はコミュニケーションが苦手でした。

全員:うん(笑)。

戸田:とがってたよね(笑)。

山下:若気の至りでした(笑)。僕はいま、自分のためというよりも、その先の誰かにいい影響を与えられたら、という思いで仕事をしています。それは、誰かのために医者をやっていると言えるようになった藍沢に、いい形で反映できてる。そんなふうに、自分を生かして演じられてきたかなと思っています。スタッフが僕らをよく見てくださっていたということでしょうね。

新垣:私はコメディー部分を思い切りできるようになりました。セカンドシーズンの白石が酔っぱらったシーン、当時はすごく恥ずかしかったんですが、いまなら楽しくできそうです。以前は「楽しい現場になればいいな」という他力本願な感じだったのが、自分から行動を起こさないといけないと思うようになって「楽しくしよう」と変わったのが大きいと思います。白石に関しては指揮官になったことはとても意外で、そこは私とはリンクしてないんですけど(笑)、目標を持ってみんなを理解しようとしてるところは憧れるし、見習いたいなと思います。

戸田:私の場合は、むかしは「こうしなきゃいけない」って勝手に自分に押し付けてがんばりすぎてたところがありましたが、いまはいい意味でほどけたというか、受け入れられるようになりました。緋山もトゲだらけだったのが、トゲが強さに変化して、さらに包容力になった。いい意味で丸くなったと思います。

比嘉:みんなすごいなあ。私は自分のことは客観的にあまりわからないです。冴島は確実に変わってるんですけどね。最初は鉄の女だったのが、いろいろな痛みを経験して、人間らしく丸くなりました。私はこれ以上丸くなったら、なくなっちゃうので(笑)。現場のムードメーカーと言っていただきますけど、ボケボケだからみんなが突っ込んでくれて、結果笑ってもらえてただけなんです。

戸田:そういうことが言えるようになったのが進歩だよ!(笑)

比嘉:そうか!(笑)

浅利:僕は藤川に成長させてもらって、三枚目のパス回しができるようになりました。周りの空気も読めるようになりました。藤川は、藍沢の根底の優しさがわかるようになった。「不器用だな」ってほほ笑ましく思っているところがありますね。

戸田:緋山と白石も、最初のころは冴島とあまり接点がなかったけど、いまはイライラした冴島を二人でクスッて笑えるくらいの関係性になりました。

浅利:でも、この10年で一番変わったのは、みんなの差し入れが高価になったことじゃない? ラーメンの屋台はうれしかったなあ(笑)。

比嘉:そこ?(笑)

──撮影現場が毎回過酷なことで知られる「コード・ブルー」ですが、映画はいかがでした?

山下:やっぱり過酷でした(苦笑)。

戸田:成田の事故のあとの手術シーンが一番大変だったかな。

比嘉:2日くらいかかりました。

山下:手術シーンは大変だと改めて痛感しました。今回も、事故現場で不自然な体勢でずっと手術したり。僕らもだけど、患者さん役の方も血のりだらけで。

浅利:ずっと同じ姿勢だからしんどいよね。

比嘉:あと、撮影が冬だったので寒かったです。特に成田空港。

新垣:海ほたるは風が強いし。

山下:フェリーのシーンも3〜4日セットにこもって撮影してましたよね。

──セリフの難しさはもう慣れたものですよね。

新垣:いえ、「手術は大変」の中にそれも含まれます(笑)。

比嘉:それでも、みんなの役割が分散されてるから、以前に比べたら減ったと思います。でも、白石先生は指示を出すから大変ですよね。冒頭の会議のシーンとかも緊張すると思います。

新垣:みんなは過酷な環境が大変で、私は地上で頭を使う大変さで。みんながんばってるだろうなと思って乗り切りました。

──特に印象深いセリフはありましたか?

山下:「いまをどう生きるか」というのがキーワードだったと思っています。

戸田:映画の中のセリフにありますよね。セカンドシーズンで命の重さを描いて、サードシーズンで救えない命もあるって認められるようになったうえでの「いま」。先に進んだなと思います。

新垣:「あなたと生きていく」という言葉は、常に死と向き合っている人が言うからこそ重みがあるなと思いました。どういうシーンのセリフかは映画で確認してほしいです(笑)。

比嘉:映画では「思いは伝えなきゃいけない」というのが印象深いです。年を重ねて、死がだんだん身近になっていくからこそ、後悔しないように気持ちを伝えなきゃなと思いました。

浅利:命に立ち向かう生き方を教えてもらった気がします。

(構成/ライター・早川あゆみ)

※AERA 2018年7月30 日号より抜粋


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索