三浦大知の新譜『球体』をつくった仕事師とは…

三浦大知の新譜『球体』をつくった仕事師とは…

 三浦大知のニュー・アルバム『球体』に驚いた。ヒット曲を収録したアルバムとは違い、テーマ性のあるコンセプト・アルバムとなっている。作詞、作曲、編曲、プロデュースを手がけたNao’ymtこと矢的直明とのコラボ作だ。



 全17曲がそれぞれ独立した曲であると同時に連鎖している。アルバムの冒頭と締めくくりには同じ波音と舟の汽笛が聴かれる。“球体”さながらに円環状の構成だ。ファンも意表を突かれたのに違いない。

 三浦は2012年に「Two Hearts」で初のオリコンのトップ10入り。昨年1月の「EXCITE」が初のオリコンの1位となり、同年の日本レコード大賞の優秀作品賞を受賞。紅白歌合戦に初出場し、イントロが無音のシンクロダンスによる「Cry & Fight」や「EXCITE」を披露して話題となり、お茶の間にも知られる存在になった。

 音楽制作にあたったNao’ymtは1998年にR&Bコーラス・グループのJineを結成し、04年にプロデュース活動を本格始動。翌年、安室奈美恵の『Queen of Hip―Pop』の6曲の制作で注目を集め、以来、三浦大知ら多くのアーティストのプロデュースや作曲を手がけてきた。

 三浦が語るには、Nao’ymtの世界観に共感し、アルバムでのコラボを切望していたという。制作のすべてを委ね、三浦は歌に専念。さらに『球体』をもとに三浦自身が演出、構成、振り付けを手がけ、歌とダンスの独演による映像作品もつくり、アルバムに収録した。同名の公演も実施してきた。

『球体』というタイトルやアルバムのテーマは明らかにされていないが、アルバムから浮かび上がってくるのは主人公の内的世界や“君”との思い出をたどる時空を超えた“旅”であり、その背景にあるのは都会、川、海、森林、砂漠。すなわち“球体”とは地球であることを示唆しているようだ。

 幕開けの「序詞」は、穏やかなピアノ演奏からヘヴィーなリズムへと変化していく。“行きたい場所が見つからない 帰りたい場所はあるのに”と、海辺に立ち尽くす主人公が“顔上げたその先”に“朝日を背にした君”を見つける。その曲が終わり、無音の後で聞かれる“ただいま”という言葉が暗示するのは、“君”との思い出をたどる過去への旅だ。

「円環」では、シンセやドラム・マシーンによるダンサブルな演奏をバックに歌う。見覚えのある情景の中で、どこか違和感のある“ギヤマン”(ガラス細工)を見つけるが、それは続く「硝子壜」の“鉛色に染まる部屋”で“色を集めて光反射”する“硝子壜”というくだりとリンクしている。もはやいなくなった“君”との思い出の品だ。

 メロディックな「淡水魚」では、三浦の繊細なファルセットが印象深い。本作でのハイライトの一つだ。“私たちの個性が ここに馴染めないだけ”と、現代社会の抑圧から逃れ、新たな居場所を求める自分たちを“大海を目指す淡水魚”のようだと歌う。

 生ギターのフォーキーな演奏に始まり、シンセ・ポップへと変化していく「テレパシー」では、鉄橋の下での夕立の雨宿り、雷を伴う激しい雨にたたられた夏の雨の日の情景が描き出される。
「飛行船」は、映画『未知との遭遇』のラスト・シーンを想起させる。“向かう本当の行き先も まだ知らずに”飛行船に吸い込まれていく人々。主人公も乗り込んでいく。寓話的な物語だが、その結末は聞き手に委ねられている。この曲での尺八の音を模した音とピアノによる演奏が、ドラムン・ベース風へと変化する演奏展開は聴きものだ。

「対岸の掟」の“対岸”という歌詞から“彼岸”を思い浮かべたのだが、映像化されたこの曲の背景に映し出されているのは大自然の森の光景だ。“期待して 落胆して 正しき弱さ〜一方に流されて 物差しで計られて 豊かさの真意はどこに”と、迷う心が描かれている。最後に歌われ、映像化されたシーンでも登場する“蝶”の存在が象徴的だ。

 演奏曲の「嚢」、ささやきから叫びに変わる「胞子」、眠ることのない都会の夜での快楽の記憶をたどる「誘蛾灯」では、主人公の内省的世界が描かれていく。

「綴化」では再び“君”が登場。トラップ的な要素を採り入れた演奏、それに呼応した3連のビートを意識した歌詞、三浦の切ない歌唱が鮮やかに一体化する。この曲も本作でのハイライトの一つだ。“綴化”とは突然変異的に奇形化した植物を意味するが、映像化されたこの曲ではカラフルでサイケな花模様が登場する。

「世界」は、ドラマチックな盛り上がりを見せるバラード。“この世界の片隅に君がいるのではない 君こそが この世界のすべて”“隣に君がいて 隣に僕がいる”と歌われるラヴ・ソング。前世でも、今世でも、来世でも“何度でも巡り会える”という歌詞から、本作では輪廻転生の世界観もテーマであることが浮かび上がる。

「朝が来るのではなく、夜が明けるだけ」は、三浦のピアノの弾き語り。“君”への思いを歌うが、“君”の存在は見えない。アルバムを締めくくる「おかえり」は、鳥のさえずりなど夜明けの情景が思い浮かぶ演奏曲だ。曲の最後に聞かれる波音と舟の汽笛は、アルバム幕開け「序詞」でのそれと同じであり、「序詞」につながる。再び「序詞」に耳を傾ければ、その最後、沈黙の後で聞かれる「だだいま」という言葉。“過去の記憶”“君”との思い出を辿る“旅”が始まり、“君”が再び姿を現す。

 平易な言葉遣いによる歌詞だが、メロディー、リズム、ビートに即し、象徴的な表現だけにとどまり、ときに曲の理解を妨げるところもあるが、聞き手の理解に委ねるという意図もあってのことだろう。三浦の丹念な歌唱や多彩な音楽展開がそれを補い、とくにCDでは演奏部分が想像力をかきたてる。

 映像では、三浦のダンス・パフォーマンスの多彩さ、意外性に引き込まれ、繰り返し映像を確かめたくなる。

 いくつかの課題を残しながらも、三浦とNao’ymtによる実験的なコラボは、新たな歩みの一歩をしるした。三浦は今後ライフ・ワークとして継続、実践していきたいという。どのような形で具現化されていくのか、大いに楽しみだ。(音楽評論家・小倉エージ)


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索