<第1回>飯島愛さんが両親にだけ語っていた「芸能界引退」の意外な理由【没後10年】

<第1回>飯島愛さんが両親にだけ語っていた「芸能界引退」の意外な理由【没後10年】

 タレントの飯島愛さんが2008年12月に亡くなって、ちょうど10年が経つ。歯に衣着せぬ物言いが老若男女を問わず人気となり、テレビ番組に多数出演したが、そんな最中の07年3月、芸能界を電撃的に引退。08年12月24日、飯島さんは都内の自宅マンションで遺体となって発見された。死亡したのは6〜7日前の12月17、18日とされ、病死だったという。



 突如訪れた、飯島さんのミステリアスな死。当時、死亡日時や死因の曖昧さからメディアも連日のように取り上げ、憶測が飛び交った。

 飯島さんは人気絶頂だった01年から03年までの約2年の間、「週刊朝日」で連載を持っていた。連載タイトルは、ズバリ「飯島愛の錦糸町風印税生活」。のちに『生病検査薬≒性病検査薬』(朝日新聞社)のタイトルで書籍化された。本書の書き出しには「飯島愛 三十歳。欲求不満です」と綴られているものの、コラムを通じて訴えていたのは、当時あまりオープンにされることのなかった「性感染症予防」だった。

 あれから10年。AERAdot.では、連載中から亡くなる間際まで飯島さんと付き合いがあった担当編集者・福光恵が、交流のあったタレントや芸能関係者、医師らをあらためて取材。夭折した飯島さんの知られざるエピソードを、自らの体験などを交え掘り起こした。第1回は、飯島さんをやさしく見守り続けた、ご両親の想いだ。

*  *  *
「実家に芸能界のお友達を連れてきたこともあったんですよ。でも、いくら私たちがお上がりくださいと言っても『絶対ダメ』と上がらせなかった。親に小さいときの話などをされるのが、いやだったのではないですか(笑)」

 そう話すのは、元タレントで2008年に亡くなった飯島愛さんのお父さんだ。

「ちょっとフクミツ、やめてくんな〜い」

 口は悪いが、けっこうな照れ屋だった飯島さんの、そんな声が聞こえてきそう。でも36歳の若さで亡くなって、今年でちょうど10年。「もうそろそろいいよね」と独りごちながら、東京都江東区の実家でご両親の話を聞いた。

 週刊朝日で連載していた飯島さんのコラム「飯島愛の錦糸町風印税生活」や、それをまとめた書籍『生病検査薬≒性病検査薬』にも、意外なほど実家の話は出てくる。例えば同書にも収められた「実家」というコラム。

<<実家に帰ったら小さいとき家で食べていたおふくろの味が食べたいのに、それは出てこない。カレーが食べたいと言えば、豚バラのカレーがビーフになってる。すっぱくなりかけた麦茶がうちの定番だったのに、それが伊藤園のウーロン茶に変わっている>>

 飯島さんが亡くなって、その実家にはさまざまな人が訪れたという。

「あるタクシーの運転手さんは、『愛さんのおかげで今の自分は生きていられる。だから、どうしてもお線香をあげたい』と言ってね。娘に『遊んでないでちゃんと仕事しなよ』と怒られて、一念発起。タクシーの仕事に就いて、がんばっているそうなんです」(同)

 飯島さんは1972年生まれ。3人きょうだいの「お姉ちゃん」として、この家で育った。とにかく頭がよく、学校や塾ではその将来を期待されていたが、中学生になるころから家出を繰り返すようになる。家族が繁華街を歩き回って探したことも、一度や二度ではなかったようだ。

「もう帰ってくるな!と叱ると、ほんとうに帰ってこない。でもね、根は悪い子ではないことがわかっていたので、それが救いでしたよ。どこの親もそうじゃないですか?どんなときも、どこかでは娘を信じているようなところがありました」

 例えばお父さんが今でも思い出すのは、小学生だった飯島さんのこんな姿。運動会で障害物競走に出場したときのことだ。

「トップを走っていたのに、最後のハシゴくぐりで後ろを振り返り、『早く早く』と手招きして、他の子たちを先にくぐらせた。結局自分はビリでゴール。そのときは、『競争なんだからだめだろう』と注意しましたが、今では私の自慢話になっています」

 一方、お母さんは、飯島さんとのこんな会話を覚えている。

「テレビで活躍していた頃、娘が私をニューヨークに連れて行ってくれたことがありましてね。ハドソン川のほとりで2人でお茶をしていたときに、娘に聞かれたんです。『お母さん、幸せでしょ?』って。『今はとても幸せ。でもここまで来るには、いろいろあったわね』と返事をしました」

 苦労は多かった。地獄も見た。でも今はいい思い出だけが残る。

「私たちにつらいところを見せたことはありませんが、本人もよほどがんばったから、あんなふうに芸能界でやっていけたのですよね」(同)

 その芸能界入りも、両親はテレビを見て知った。ボクシング中継で映ったラウンドガールが、なんと娘だったのだ。その後お父さんは、「芸能界でも、やるからには日本一になれ」と飯島さんを励ましたという。

「そんなの無理!」

 これが娘からの返事だった。いかにも正直な飯島さんが言いそうな言葉だが、実際には本人の弱気とは裏腹に、タレント飯島愛は、“日本一”のけっこういいところまで上り詰めていく。

「『私はスーパーのおばちゃんとかにモテるんだから』なんてことを話していたこともあります。男性と違って、顔やスタイルでごまかしが利かないのがおばちゃんたち。言いたいことをハッキリ言って、おばちゃんたちにモテるんだから、この人気は本物の人気よ、なんてね」(お母さん)

 そんな飯島さんが2005年、芸能界引退を家族に告げる。お母さんには、こんな理由を話したそうだ。

「自分のようにお化粧で化けている人間は、この先テレビが進化すると素顔がバレるから、やっていけなくなる。それより、事業をやりたい」

 お父さんも言う。

「どんな事業をやるの?と聞いても、『考えているところ』と言って、詳しいことは話さなかった。娘が亡くなってからですよね。ようやく娘が何をやろうとしていたのか、少しずつわかったのは」

 その事業とは、コンドームやアダルトグッズのオンラインショップ。将来は病院やエステ、カウンセリングなども巻き込んで、性に悩む女の子たちに手を差し伸べる一大施設にしたいと考えていたようだ。

「まだ全部は読めていないんですが……」

 お父さんがそう言って書斎の棚から取り出したのは、飯島さんのブログ「飯島愛のポルノ・ホスピタル」のプリントアウトだった。芸能界引退後も多くの読者に支持されていたそのブログは、2008年12月、主を失ったあとも、たくさんのファンから途切れることなくコメントが書き込まれた。

 閉鎖されたのは、2015年10月31日。飯島さんの誕生日だ。運営を引き継いだご両親の高齢が理由とされていた。莫大な数のコメントが寄せられ、厚さ数10センチにもなるそのブログのプリントを、お父さんは今も少しずつ読み進めているという。

(文/福光恵)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索