ビートたけしの落語と阿部サダヲの長台詞が見どころ? 異色の大河 クドカン脚本「いだてん」

ビートたけしの落語と阿部サダヲの長台詞が見どころ? 異色の大河 クドカン脚本「いだてん」

 6日から始まる今年のNHKの大河ドラマは「いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」。日本で初めて五輪に参加した男と、日本に五輪を招致した男の2人が主人公だ。日本人が初参加した1912年のストックホルム五輪から、64年の東京五輪までの激動の半世紀を中心に描く。



 主役の一人はマラソン選手としてストックホルム五輪に参加した金栗四三(しそう)で、演じるのは中村勘九郎。金栗は熊本県生まれで、とにかくマラソンが大好き。ストックホルムでの失敗や2度の大戦を経験しながらも、選手、そして教師として走り続ける人物だ。

 昨年10月の会見で、中村はこう語っている。

「金栗さんっていうのは一途で、マラソンのことしか考えていなくて、とにかく走ってる。熊本弁で『とつけむにゃあ』(とんでもない)な人。出てくるキャラクター一人一人もチャーミングで、愛があって、すてきな人たちばかり。そこも含めて楽しんでいただきたいと思います」

 もう一人の主役は、五輪招致に奔走する政治記者の田畑政治で、阿部サダヲが演じる。病弱だが水泳コーチとして名をあげ、32年ロサンゼルス、36年ベルリンの五輪に参加。「平和の祭典」としての五輪に感銘し、東京五輪実現のキーマンとなった。演じる阿部は、今年の干支のイノシシにかけて、田畑を「猪突(ちょとつ)猛進型」と話す。

「前しか見てない、前しか進めない人。言葉でガンガン攻めていくタイプ。直談判が多くて、常識的ではないところもあり、周りの人が止めるのが大変だったんじゃないかな」

 W主演の中村も阿部のセリフの多さには驚く。

「セリフ量が……ぼくはほとんど走ってるだけなんで、(阿部さんは)1回で(ぼくの)24回分しゃべってるくらい」

 これにはさすがに阿部も疲れたようだ。

「やばいですよねえ……。ぼくは呼吸忘れてしゃべり続ける(笑)」

 スポーツ、そして五輪に情熱を注ぎ、困難にぶつかってもめげない。人々を巻き込みながら物事を成し遂げていく人物像は、金栗、田畑両者に共通している。

「何事も一途に情熱を注いで突き進んでいけば、何かを成し遂げることができますし、必ず大きなものに出会える。そして『まず何かやる、やってみる』という行動力、情熱プラス行動力がなければだめだなと思います」(中村)

「『みんなに希望を持たせたい』っていう思いが一番大きいんだと思うんです。戦争で自分が育てた選手が亡くなり、日本全体が負けた。五輪では選手が一緒になって、みんなで(勝利の喜びや感動を)分かち合うじゃないですか。それを見て涙する日系人を見て、『これはいける』って田畑さんは思ったみたいです。(五輪を)平和の象徴と思っているのは感じました」(阿部)

 本作は宮藤官九郎によるオリジナル脚本で、大河ドラマの執筆は初めて。NHK作品では、大人気を博した2013年の連続テレビ小説「あまちゃん」以来2度目となる。

 ドラマのナビゲーターはビートたけし演じる落語家・古今亭志ん生。志ん生の人生も東京五輪までの歩みとともに、物語に映し出されていく。

「毎回、台本を読むのが楽しみでしょうがないです。本当におもしろいんで、これをどうやればちゃんと伝わるんだろうな、というプレッシャーはあります」(中村)

「宮藤さんらしいなというのがあります。金栗さんと田畑さんに起きているドラマと落語とを、リンクさせているのがおもしろい。志ん生さんの噺(はなし)が現代との会話になっているところもあるんですよ。それはすごいなぁと思いますね」(阿部)

 スポーツ界では来年の2度目の東京五輪に向け、リアルタイムで出場選手の選考が進む。開催に向けて施設も出来上がりつつあり、日本全体も盛り上がってくる。スポーツに関わる人はもちろん、多くの人々に響くドラマになるだろう。

「アスリートの方々は共感してくれると思います。ゼロから自分でつくる練習法や練習のつらさ、外国人選手との体格差……。あと監督の偉大さというか、必要性っていうのはすごくわかるドラマになると思いますね」(中村)

 従来の大河ドラマの重厚なイメージを覆す作品になりそうだ。2人の言葉が、期待を増幅させる。

「『変えたい』っていうのはあります。笑いをいっぱい持ってきたい。これまでの大河ドラマって、『はあ〜、そうなんだ』って感心して見ていた。宮藤さんが書いてるのもあって、ぼくらも台本を読んでいても笑えるので、お客さんにも笑っていただきたい。『笑える大河』って言うんですかね」(阿部)

「それで歴史もスポーツのことも情報が入ってくるから、すごい。大河ドラマなんですけれども、良い意味で大河ドラマじゃないみたいで、めっちゃおもしろいです」(中村)

「一生懸命やっている人を笑っていただく。必死でやってるのを笑える、っていうのが一番おもしろい。それに落語もついてくるので」(阿部)

 今年の日曜夜は笑いながら、東京五輪に思いをはせる時間になるのかもしれない。(本誌・緒方麦)

※週刊朝日オンライン限定記事


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索