“ももクロ”イベントで小島和宏・川上アキラが明かした「ここだけの話」

“ももクロ”イベントで小島和宏・川上アキラが明かした「ここだけの話」

 2018年12月28日、大阪・ロフトプラスワンWESTにてトークイベント『ももクロ闘句録 in 大阪 〜桃響導夢からももクリまで、語ろう!TDF元年〜』が開催された。

 これは昨年11月より朝日文庫から3カ月連続でリリースされている『ももクロ○○録』シリーズの刊行を記念したもの。当初は、著者で“ももクロ公式記者”の小島和宏が単独でトークショーを開催する予定だったが、その日程を聞いたももクロのプロデューサー・川上アキラが「その日なら僕も空いているので、トークショーに出ますよ!」と申し出たため、急きょ、ゲスト参戦が決定。進行役で、今回の文庫の担当編集者である藤井直樹を含めた3名でのトークとなった。

 ちなみに、これは当日わかったことだが、川上アキラのスケジュールは空いているどころか、朝からももクロの現場に立ち会ったあと、新幹線に飛び乗って大阪へ。そして、トークショーが終わった瞬間に会場を飛び出し、ふたたび東京で別のももクロ現場に合流する、という超・弾丸スケジュールの1日だった。

さらにステージに登場するや、いきなりスマートフォンを通じてイベントの模様を生配信(音声のみ)するなど、予定外のアクション。小島和宏の近著のタイトルではないが、まさに『ももクロ非常識ビジネス学』そのものの破天荒さで、トークショーは幕を開けた。

 通常、出版記念イベントといえば、その本に沿った内容になることが多いが、そんな常識は通用しないのが“ももクロ流”。

この日のイベントは、本にはまだ書かれていない、ももクロが4人体制になった“TDF(*)元年”がテーマ。2018年5月に東京ドームで開催された10周年記念コンサートから、このイベントの3日前に行われた『ももいろクリスマス2018』までの舞台裏を2時間にわたって語り尽くしていくことになった。

こういったトークイベントはなかなか開催されることがないため、平日の昼間開催にも関わらず「仕事を抜け出してきました」という背広姿のサラリーマンもいれば、わざわざ東京や静岡から駆けつけたという熱心なファンもいて、会場は超満員札止めの大盛況。

 3人は頭に手ぬぐいを巻いて登場。これは朝日文庫『ももクロ○○録』シリーズの帯についている「謎の応募券」を4枚集めて応募すると抽選で700名に当たる非売品グッズ。文庫のカバーに使われた、古屋智美マネージャーとメンバーによる共作イラストに加え、リーダー・百田夏菜子が書いた「記者魂」「感動屋」の文字が入ったレアすぎる逸品である。おっさん3人という、モデルとしては微妙すぎる人選ではあったが、客席から「欲しい!」との声があがっていた。

 イベントは小島和宏がピックアップした「10周年イヤーを語る上で欠かせない10のキーワード」を時系列でひとつひとつ掘り下げていく形式で進行。ただ、最初は「せっかくなので最新の話題を」と、終わったばかりの『ももいろクリスマス2018』のバックステージでの裏話からスタート。あまりにも直近すぎて、まだどこでも語られていない「ここだけの話」に、会場からは「おぉ〜」「へぇ〜」という感嘆の声が漏れ続けていた。

 その後は5月の東京ドームに時計の針を戻し「桃響導夢」「47都道府県踏破」「ドゥ・ユ・ワナ・ダンス?」などについて、時折、脱線しながら(おもにプロレスに関するマニアックなトーク)、たっぷり2時間、語りまくった。

 川上アキラは「過去のことを語るのは苦手なんだけど、過去っていっても、みんな、ここ半年の話なのか」と、濃密すぎた2018年を振り返り、改めてその充実ぶりに驚きつつ、この時点ではまだ「未来の話」だった大晦日開催の『ゆく桃くる桃』についても言及。客席から質問が飛ぶと、その場で担当者に電話をかけて疑問を解決していく、という究極の回答法で観客を納得させた(その電話の副産物で、このイベントの裏でメンバーが大晦日に向けてのリハーサルに励んでいる最中であることも判明。リアルタイム感のあるやりとりだった)。

 かねてから「点と点をつなげて、線にしていく」と言われてきたももクロだけに、ひとつのキーワードについて語っているのに、どんどん別の事柄にリンクしていく、という立体的な展開に。メンバーの話だけでなく、ももクロに関わっているスタッフのエピソードも続々と飛び出す、かなりマニアックなイベントとなったが、2018年の“謎”を解明すると同時に、2019年に向けてのビジョンもうっすらと見えてくる、ファンにとってはたまらない2時間となった。

■小島和宏・選「ももクロ10周年イヤーを語る上で欠かせない10のキーワード」

フィルハーモニー
47都道府県踏破
桃響導夢
ビアガーデン
ファンクラブイベント in 大阪
ドゥ・ユ・ワナ・ダンス?
あんとば
KAMOSHIKA
MOMOCLO MANIA
ゆく桃くる桃

*TDFとは
【Team Diamond Four】の略。2018年に4人体制となったももクロの覚悟を表す言葉。メンバーだけでなく、4人を支えているすべての人(ファンも含めて)を指す。


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索