米倉涼子“女優生活20年” もっとも大変だった作品は?

米倉涼子“女優生活20年” もっとも大変だった作品は?

“視聴率女王”と聞いてまっさきに思い浮かぶ存在。18年は「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」の次に選んだ出演作として注目を集めた「リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜」がヒット。その人気と実力を改めて証明した。



「私にとっては、同枠で6年ぶりとなる新作連続ドラマ。『なぜ“ドクターX”ではないの?』と思う方もいるでしょうから、そういう意味での緊張感はありました。いい形で終えることができ、ほっとしています」

 今年、女優生活20周年を迎え、代表作は数多い。なかでも「ドクターX」は、「公私ともに付き合い、支えてくださる方がいる大切な作品」と語ってくれた。

 そして「もっとも大変だった作品」は、ミュージカル「CHICAGO」。08年に日本版でミュージカル初挑戦、12年にはブロードウェーで主演を果たした。

「最初はすべてが初心者で、歌・踊り・せりふ、それぞれ覚えても一緒にやるとゼロになってしまう。でも、『CHICAGO』という作品の大ファンだったので、挑戦することに迷いはなかった。『皆さんが不安なのはわかっていますけど私はやりたいです』と言いました。自分が大好きな作品を手掛けてきた演出家、振付家、音楽監督と一緒に仕事ができて、作品について深く知ることができた。まだまだという気持ちが強く、自信になったとは言えませんが、『やり遂げた』という感覚はあります」

 新たな挑戦を続けることから、「努力家」「ストイック」とも言われる。

「休むのは大好きですよ(笑)。ただ、小さいときからクラシックバレエをやってきたので、『発表会やコンクールのために練習をする』という感覚は体に染みついています」

 プライベートでもアクティブだ。最近ハマっているのはアルゼンチンタンゴ。

「体を動かしているときが一番楽しいし、音楽に合わせて踊るのが好きですね。うまくできないと『悔しい』とか思ってしまうんですけど(笑)。休みの日に一日家で寝てるなんて、よっぽど具合が悪いときぐらい。マッサージに行って寝ていることはありますが(笑)。落ち着きがないんです」

 女優としての20年間の変化についてはこう語る。

「20年前は『倒れるまで働く』という感覚だったので、一つひとつのことをよくわかっていないときがあったんです。いまはやっと少し落ちついて、自分のペースで仕事ができるようになりました。年齢を重ねたものの、それ以外はそんなに変わっていないのかもしれません。たくさんのいい作品に出演させていただき、勉強しながら取り組んでくることができました。幸せなことだと思います」

 もし20年前の米倉さんがいまの自分を見たら?

「きっと信じられないでしょうね。あのころ、まったく無名でしたし」

 2019年の抱負として、色紙に書いた言葉は「万里一空」。空が一つしかないのと同じく、目標を見据え、一心に励み続ける様を指す。

「こういう取材では、ずっと『一期一会』と答えてきたんです。一つひとつの出会いを大事にしたいと思ってきたので。でも芸能生活だけで成人式を迎えられるようになり、再会する方も増えてきました。それで、自分の心が改まるこの言葉を選びました」

 演技力のみならず、その生き方も支持されるトップ女優。19年は早くもドラマ「疑惑」の放送が決まっている。松本清張作品では「黒革の手帖」や「けものみち」など悪女も演じてきたが、今回は悪女を助ける弁護士役だ。また新たな顔を見せてくれるに違いない。

(本誌・野村美絵)

※週刊朝日  2019年1月18日号


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索