登坂広臣、俳優業を経験しHIROから「歌の聞こえ方が違う」と言われた

登坂広臣、俳優業を経験しHIROから「歌の聞こえ方が違う」と言われた

 中島美嘉の名曲をモチーフにした、映画「雪の華」は、全編の半分を北欧・フィンランドで撮影した意欲作となった。主演する登坂は「芝居の世界はアウェー」だと語る。表現者として、彼はそこで何を見て、何を感じたのか。



*  *  *
──映画出演を決められた最大のポイントはどこでしたか?

 僕はふだんアーティストとして音楽活動をさせていただいているので、お芝居は本職ではありません。2014年に公開された「ホットロード」に出演させていただいて、この世界の大変さや厳しさも少なからず体験していたので、実はもうお芝居の仕事はないだろうなと思っていました。

 ですが、楽曲をモチーフにした映画という企画に、音楽に携わる人間として魅力を感じました。何より、何年もずっとスタッフの方が「やりましょう」と言い続けてくださって、僕を必要としてくださる声にお応えしようと思いました。

──音楽と芝居の切り替えはうまくいきました?

 まったく違うものなので、スイッチを切り替えるのは大変でした。ましてや、僕は器用ではないので、どちらかをやっているときはそちらが100%になる。二足のわらじは履けないんです。だから撮影中は、この作品のことだけを考えるようにしました。

 僕はお芝居が上手なわけでもないし、「役者です」なんて言える立場でもないですから、その道のプロフェッショナルが集まる場には、下手でもいいから100%で挑まないと、僕自身が耐えきれないと思いました。

──撮影の一番の感想は?

「大変でした」の一言につきます。各部署のプロフェッショナルが一つの画を撮るのに集中する中で、撮っていただく立場の自分がどういう立ち居振る舞いをするべきか。撮影期間中、ずっと考えていました。

 それに、僕は今回、わりと走るシーンが多かったので、体力的にも大変でした(笑)。特に、フィンランドでは雪の中を全力疾走しましたから、寒いし、呼吸困難になるし、過酷でしたね。でもその分、美しい画になっていると思います。自分でも完成品を見て「報われた」と思いました。

──演じた悠輔については、どう感じましたか?

 台本を読んで、共感できるし、親近感がわきました。ありがたいことに、自分とかけ離れたキャラクターというのはこれまでやったことがないんです。橋本光二郎監督(45)もそれをわかってくださって、お芝居の面では任せていただいた部分もあります。悠輔の持つ、まっすぐな不器用さは僕に似ていると思うし、素直になれずに突き放したりする性格は「僕もやりそう」と感じましたから、自然に演じられました。

 ただ、「ホットロード」でもそうだったんですが、なんで僕はいつも「ドSキャラ」なんだろうとは思いました(笑)。常に女の子に向かってキレているんですよ。僕は出会っていきなり説教始めたりはしませんし、もうちょっと優しいです(笑)。

──俳優業で得たものは?

 身近なスタッフやメンバーから「表現の幅が広がった」と言われました。特にプロデューサーのHIROさんには「歌の聞こえ方が違う」と。歌手と役者は違うジャンルだと思いますけど、何かを人に伝える“表現者”という点は同じです。その部分で、俳優業で何かしらのものを得て、あまり自覚はないですがアーティスト活動に持って帰っていたんだと思います。メッセージを発信するとき、エモーショナルなものを自然にのせられるようになったのかなと思います。

 そういう意味でも、この作品が僕のターニングポイントになることは間違いないです。

──これから俳優としてやってみたい役などはありますか?

 うーん……役者をやりたくないわけではありませんが、大変さを肌で感じていますから、生半可な気持ちではできないと思います。覚悟が必要だな、と。僕が役者一本なら、次に何をやりたいか明確なんでしょうけど、やっぱり第一はアーティストなので、「次の作品」が想像できないんです。「ホットロード」が最後の映画だと思っていましたし、今回が僕の引退作になるかもしれませんね(笑)。

 ただ、今回のように熱心に僕を必要としてくれる人がいらして、心を動かされたら、そのときにまた考えると思います。(ライター・早川あゆみ)

※AERA 2019年1月14日号


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索