大竹しのぶが記者に逆質問! 「ピアフを聴いて、疲れました?」

大竹しのぶが記者に逆質問! 「ピアフを聴いて、疲れました?」

 フランスで最も愛されたと言われるシャンソン歌手、エディット・ピアフの人生を大竹しのぶさんが演じ上げる舞台「ピアフ」。2011年の初演から話題を呼び、翌12年には読売演劇大賞最優秀女優賞を受賞。その後も再演を重ね、昨年秋で4度目の公演を迎えた。「ピアフが憑依した」とまで言われる圧倒的な表現力をその目に焼き付けようとファンが殺到し、チケットも完売する人気舞台だ。


 2011年秋には紫綬褒章を受章し、2016年には紅白歌合戦にも出場するなどマルチに活躍する大竹さん。女優としても歌手としてもその地位を確立したが、今年、また新たな挑戦を決めた。これまで舞台で演じてきたピアフの楽曲を“歌のみ”で表現するのだ。昨年10月にはアルバム「SHINOBU avec PIAF」を発売し、1月にはコンサートを予定している。歌だけで表現することと、演じながら歌うことの違いを本人はどうとらえているのか。



「舞台をやっているんだから、コンサートはやらなくてもいいじゃんという感じはありますよね」

 そう呟いて、少し考え込んだあと、こう続ける。

「劇中ではセリフの流れの中で、ピアフという役として歌うから本当に感情のままという感じ。動きや息も含めて、私の体や感情のすべてが舞台では見えるんです。でも、アルバムでは1曲2、3分の中で確立した“その歌の中の女”として歌うから、より緻密になる。音で絵を作るようなイメージかな」

 芝居とは違って、アルバムに背景やセットは存在しない。声の質感や表情、楽器の配置だけで勝負する世界。レコーディングもピアフが生きていた時代の主流だった“一発録り”に挑んだ。

「最近はオケ、歌、という順番で録って重ねることが多いみたいなんですけど、ピアフはそういう感じでは歌えない。私の歌が少しゆっくりになると、みんながそれを感じ取って合わせてくれる。譜面にないものは『感覚でやろうぜ!』という感じ。スタジオでも何度かこんな感じでと表現してイメージを伝えたら、メンバーが『お。オレだけのための専用演技!』なんて言っていました。すごく楽しくて、永遠にレコーディングだったらいいのになと思いました」

 舞台で演じる大竹さんを見て、レコーディングメンバーも目と耳で「ピアフ」を感じてきた。だからこそ、言葉よりも感覚で分かり合える。「そのほうがミュージシャンの能力も最大限発揮される」とスタッフの一人は言う。

 芝居だから、歌だから、という気負いはない。本番に向けての準備を整えれば、いつだって「そのときのベスト」を尽くすだけ。激動の人生の中でも愛に生きたピアフの楽曲11曲を詰め込んだ作品は第60回日本レコード大賞で優秀アルバム賞を受賞した。感想を伝えると、ハッとする言葉が返ってきた。

「疲れました?」

 思わぬ質問に、本人を前にして「実は少し……」と答えてしまった。大竹さんがピアフに“憑依”した歌声は、聴くほどにピアフの壮絶な人生を感じ重苦しい気持ちになることも。

 正直に伝えたその言葉に、むしろ、笑みを浮かべる。

「それでいいの。私は大丈夫だけど、ピアフの歌ばっかりだとみんな疲れちゃうから、1月のコンサートでは他の曲も歌いたいなと思っています」

 パリの貧民街で生まれ、売春宿で育ったピアフ。愛を求めて歌い続けた彼女の楽曲は決して明るいものばかりではない。

「憑依しているわけではないんです。舞台でもみんな5分前にはスタンバイするけど、私はだいたい30秒前とか。初めて一緒にやる人は袖でそれを見て、驚いちゃうみたい。『群衆』も『アコーディオン弾き』も楽しい歌詞ではないけれど、歌っていて楽しいんです。『めっちゃ暗いな』って思う自分を楽しむ感じ。その世界にどっぷりはまって、後でスッキリしたな、と思う」

 表現する中で、自分自身とピアフの共通点にも気付いた。劇中で「あたしが歌うときは、あたしを出すんだ。全部まるごと」というセリフを言うとき、いつも自分とピアフの境目が分からなくなるという。

「私もそのときの自分を全部出して生きてきたから、このセリフを言うとき、毎回彼女にそれを再認識させてもらっているんです。全部出すからこそ、ちゃんと生きて、ちゃんと死んでいける。浄化して、もう一度生まれることができるんです」

 大竹さんにとっても、ピアフは「愛の人」。何度演じても、歌っても、その思いが揺らぐことはなく増すばかりだ。そして、ピアフを表現し続ける理由もまた「愛する気持ちを伝えていきたい」から。

「ピアフを知らない人や若い人にも、歌を聴いてもらいたいです。芝居だとストーリーがあって、生涯に焦点を当てられます。でも、コンサートではもっと客観的に見たピアフの愛するという気持ちを伝えていきたいなと思うんです。愛を知ると、やっぱり元気になると思うから」

 舞台上で何度もピアフのドラマチックな人生を演じてきた大竹さん。歌一本で挑むステージで描く愛の先には何が見えるのか。(取材・文/AERA dot.編集部・福井しほ)

■大竹しのぶ(おおたけ・しのぶ)
1957年生まれ。東京都出身。1975年、映画「青春の門」で本格的にデビュー。映画、舞台、ドラマ、音楽、バラエティなど幅広く活躍。昨年リリースしたピアフのカバーアルバムを引っさげ、コンサートツアー「SHINOBU avec PIAF」を開催。1月17、18日 兵庫県立芸術文化センター、1月25日 東京都・Bunkamuraオーチャードホール、2月3日 愛知県・日本特殊陶業市民会館 ビレッジホールの全4公演。チケットは、各プレイガイドにて絶賛発売中。


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索