Koki,を守る…工藤静香のメディア対応に見る“孟母”ぶり

Koki,を守る…工藤静香のメディア対応に見る“孟母”ぶり

 木村拓哉(46)主演の映画『マスカレード・ホテル』が1月18日に公開され、宣伝を兼ねて木村もメディアに引っ張りだこだ。昨年、次女のKoki,(15)が芸能界デビューしたことで、これまで以上に“木村家”が注目される機会も増えた。



「一部週刊誌では、“木村家の知人”なる人物が、『家庭ではキムタクが妻と娘から孤立している』、とか、『娘と一緒に食事に行くなど父と娘の仲はいい』など、いろいろ書かれていますが、それだけ注目されている証拠です」(スポーツ紙記者)

 これまでトーク番組などで木村がプライベートについて明かすことはほとんどなかったが、元旦に放送された『さんタク』(フジテレビ系)では、Koki,が「身長を伸ばそうと、夜にジャンプする儀式をしている」など、私生活について語っていた。

「プライベートでも仲のいい明石家さんま(63)との共演ということもあって、フランクに話せたのだと思います」と話すのはスポーツ紙記者だ。

 1月13日放送の近藤真彦がパーソナリティーを務めるラジオ『COME ON! ROCKIN’ ROAD』(FM COCOLO)にゲスト出演した時も、娘と母親・工藤静香(48)の親子喧嘩の様子を自ら暴露していたという。その工藤といえば、Koki,のデビューに奔走し、娘のプロデュースはもちろん、インスタグラムでは母として、妻として、存在感たっぷりの私生活を披露している。

 今年初のインスタグラムでは、新年の挨拶のあとに、

≪好き勝手な想像で、私も知らない作り話をまた見かけるかもしれませんね。もうかれこれ18年笑≫

 と、木村と結婚してからのマスコミの報道を皮肉った。

 もはや開き直っているかにも見える工藤だが、やはりKoki,に関する報道については厳しくチェックしているのだという。

「少しでも記事の内容が事実と違ったり、ネガティブな表現だったりすると、事務所を通じてクレームが来るそうです。でも最後には必ず『私のことは何て書かれても仕方ありませんが、Koki,に関してはよろしくお願いします』と言い添えるそうで、母は強し、です」(芸能記者)

 SNSなどでの炎上も、もはや気にすることなく娘のために全力でサポートする母に徹している姿は、“猛母”ではなく、まさに“孟母”(孟子の母。賢母として名高い)。

 芸能リポーターの川内天子さんは「芸能界の先輩、そして母親でもあるので、娘のことに口を出すのは当然と言えば当然だと思います」と話す。

「いろいろなアドバイスやプロデュースもしているわけですから、むしろ“娘のプロデューサー”として名乗ってしまった方が、変にバッシングされないかもしれません」(川内さん)

 今年はどんなプロデュースで手腕を振るうのか、いずれにしても注目度は高い。(ライター・坂口友香)





関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索