有吉に「元気の押し売り」というあだ名をつけられたベッキーが幸せを掴むまで

有吉に「元気の押し売り」というあだ名をつけられたベッキーが幸せを掴むまで

 ベッキーが2月13日、プロ野球・巨人の片岡治大ファーム内野守備走塁コーチと結婚したことを発表した。2人は1月中に都内で婚姻届を提出したという。



 SNSなどで一般人の反応をざっと見る限りでは、ベッキーの結婚に関して「肯定派」「否定派」「興味ない派」がそれぞれ一定の割合で存在している。どんな芸能人でも、結婚すればひとまず祝福されることが多いものだが、ベッキーに対してはまだまだ厳しい意見も目立つ。彼女のタレント価値を暴落させた2016年の「ゲス不倫ショック」の衝撃が今も尾を引いている。ベッキーの不倫騒動とはいったい何だったのか。ベッキーというタレントの本質を考える上では避けて通れない問題なので、今こそあえて振り返ってみることにしたい。

 2016年1月7日発売の『週刊文春』で、ベッキーとゲスの極み乙女。のボーカルである川谷絵音の不倫交際が報じられた。それに先駆けてベッキーは6日に緊急会見を開き、騒動について謝罪したが、交際については否定していた。

 ところがその後、『週刊文春』の続報でベッキーと川谷が騒動の渦中で交わしていたLINEメッセージの内容が公開された。その中で2人は、不倫交際を報道されたことに関しても「逆に堂々とできるキッカケになるかも」と開き直るような発言をしていて、「ありがとう文春!」「センテンス スプリング!」などとふざけた調子でやり取りをしていた。

 これが人々の怒りを招き、ベッキーの出演する番組に対して抗議の電話が殺到。その結果、彼女はすべてのレギュラー番組とCMを失い、長期休養を余儀なくされた。その後も毎月のようにさまざまな芸能人の不倫事件が報道され、そのすべてが「ゲス不倫」と呼ばれるようになったほど、この事件の与えた社会的影響は大きかった。

 芸能人の不倫スキャンダルは珍しいことではないが、この事件が桁外れの大反響を巻き起こしたのは、それがベッキー流の「ポジティブ思考」の弊害をまざまざと見せつけるものだったからだ。恋に落ちて浮ついた気持ちになるのは誰にでもあることだが、不倫は社会的に肯定できるようなものではない。そこにも自分勝手なポジティブな解釈をして、前向きに捉えたことで、世間の反感を買うことになってしまった。

 ベッキーはイギリス人の父と日本人の母の間に生まれた。母親はいつも明るく快活で、子供を枠に押し込めるタイプではなかった。ベッキーには一人の妹がいたが、「お姉ちゃんなんだから」「女の子なんだから」といった物言いでしつけられることは一切なく、徹底した自由放任主義が貫かれていた。

 そんな家庭でベッキーはすくすくと育った。小さい頃からテレビに夢中になり、『とんねるずのみなさんのおかげです』に出ていた渡辺満里奈が好きになった。バラエティの世界で芸人たちと真っ向からぶつかりながらも、紅一点としてかわいがられ、愛されているそのポジションに憧れた。ベッキーは当時から自分の将来像を明確に描いていた。

 ベッキー本人も、周囲の家族や友人たちも、ベッキーが芸能人になることを疑う者はいなかった。自分が好きなように行動していれば、周囲の人が自分を肯定してくれる。無邪気にそう信じていたベッキーは、芸能界に入ってからもその優等生的なスタンスを貫いていた。

 今から約10年前、有吉弘行がそんな彼女に「元気の押し売り」というあだ名をつけたのは一種の警告のようなものだったのだが、当時の彼女の耳には届いていなかった。

 そんな彼女が初めて明確な挫折を味わったのが音楽活動である。もともと歌手を目指していたベッキーは、芸能活動10年目に悲願のCDデビューを果たした。だが、CDは思うように売れなかった。タレントとして知名度があっても、歌手としての人気はそれに遠く及ばなかった。ライブの観客動員数も伸び悩み、それを彼女に知られまいと先回りして気を使うスタッフたちの動きが目に入り、そのことがさらに彼女を苦しめた。

 音楽活動で行き詰まっていた彼女にとって、才能にあふれた男性ミュージシャンはさぞかし魅力的に見えたのだろう。彼との不倫愛に溺れ、自分の中でもそれをポジティブに捉えてしまった。「自己肯定力の化け物」が自滅した瞬間だった。

 騒動からしばらく経った後、ある番組で彼女は「皆さんに応援される恋愛がしたいです」と語っていた。個人的には、この言葉を聞いてまだまだ先行き不安だと感じた。この期に及んでなお、彼女は「皆さん」に「応援」してもらおうと思っているのか、と。

 そうやって他人の評価ばかりを気にしてしまうのは、本当は自分に自信がないからだ。老婆心ながら言わせてもらえば、今のベッキーに必要なのは、「たとえ誰からも応援されなくても、ダメな自分を肯定する」という健全なポジティブ思考である。ベッキーに幸あれ。(ラリー遠田)


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索