ブルース・スプリングスティーンが小劇場で語った希望と夢

ブルース・スプリングスティーンが小劇場で語った希望と夢

 ブルース・スプリングスティーンのブロードウェイでの公演は大絶賛された。会場は、座席数975という小規模なウォルター・カー劇場。ブロードウェイと言えばミュージカルの本場だが、彼の曲をミュージカル化したわけではなかった。単なるコンサートでもなかった。「私、ギター、ピアノ、そして言葉と音楽だけです」とブルース。その特別なライヴを収めたアルバム『スプリングスティーン・オン・ブロードウェイ』を紹介しよう。



 ブルースが『アズベリー・パークからの挨拶』でデビューしたのは1973年。ボブ・ディランの再来と言われ、シンガー・ソングライターとして一定の評価を得た。同年に2作目『青春の叫び』を出したが、いずれも成功とは言い難い結果に終わった。

 ブレークしたのは、3作目の『明日なき暴走』(75年)。アルバム・チャートの3位に躍り出た。活動の拠点は、バーやクラブからアリーナに移り、ベストセラー『ボーン・イン・ザ・U.S.A.』(84年)を発表する頃にはスタジアムでのコンサートが主体となっていた。

 それだけに小劇場での公演は大きな話題を集めた。2017年10月にスタートした公演は8週間の予定を大幅に延長し、翌年12月の最終公演までに236回に及んだ。動員数は約22万人にのぼった。その模様を収めた映画『スプリングスティーン・オン・ブロードウェイ』(トム・ジムニー監督)がつくられ、サウンド・トラック盤も発売された。

 公演の下敷きになったのは、先に出版されてベストセラーとなっていた『ボーン・トゥ・ラン ブルース・スプリングスティーン自伝』。ブルース自らスクリプトを手がけたモノローグによるイントロダクション、それに即して、ギター、ピアノの弾き語りによる曲を演奏するという趣向だ。

 ブルースの語りで始まる。“俺はレース・カーを走らせる反逆者でもストリート・パンクでもなく、アズベリー・パークのあちこちで演奏するギター奏者だった”“でも俺には4つの紛れもない切り札があった。若さ、バー・バンドで10年鍛えた筋金入りの経験、俺の演奏を熟知している凄腕のミュージシャンと友達、それに魔法だ”。ここで、デビュー作収録の「成長するってこと」を歌う。

 歌の途中で再び語り出す。ろくに勤めの経験もないのに工場労働者のことを歌ってきたのは“全部作り話、でっち上げだ”と明かし、笑いを誘う。

 生い立ちを語り、7歳のときにエルヴィス・プレスリーを見た衝撃がすべての始まりだと述懐する。母親にギターをねだったが、買う余裕がなくレンタルした。2週間レッスンを受けたが難しすぎてやめてしまった。ギターを返す日に、近所の子どもたちの前でギターを弾くまねごとをしながらデタラメな歌を歌ったのが、人生初のコンサートだった……という少年時代にも触れる。

 ピアノに移り、両親や妹、祖父母のほか、近隣に暮らす大勢の親族に囲まれて育った思い出を語り、「マイ・ホームタウン」を歌う。幼少期から過ごしてきた街がさびれ、そこから出ていく決意を固めた一家の物語だ。

 父親の思い出も語る。父は“特権的でプライベートな聖地”であるバーに入り浸っていた。母に命じられて父を迎えに行った回想のあと、「僕の父の家」をささやくように歌い始める。

 勤勉な弁護士秘書だった母については、“仕事から家に歩いて帰る母の姿に、俺は強い影響を受けてきた”と語る。そして歌われる「ザ・ウィッシュ」。

 19歳のとき、ブルースは故郷を離れる。その最後の夜、引っ越しの荷物を運ぼうとして警察にとがめられた話を明かし、歌うのは「涙のサンダー・ロード」。コンサートで誰もが口ずさむ“少しは信じよう 夜には魔法がある”という一節はもちろん、最後の“街は負け犬でいっぱい でも俺は勝つためにここから走り抜ける”という旅立ちの宣言が印象深い。

ニュージャージー沿岸で多少知られた存在になったが、何かが起こる気配はなかった。業界人が自分を見に来たが、恋人を寝取られただけで終わった。西海岸での仕事を得て、クルマで大陸を横断することになるのだが、免許がなかった……そんな実話に続いて「プロミスト・ランド」の演奏に移り、“俺は約束の地を信じている”と歌われる。

 そして、ブルースの名声を高めた『ボーン・イン・ザ・U.S.A.』。ベトナム帰還兵との出会い、戦死したバンド仲間の話など表題曲の背景を語る。ブルース自身も徴兵検査を受けたが、徴兵は逃れた。時々“俺の代わりに誰が行ったのか”という思いに駆られると言い、歌い始める。オリジナルとは異なり、12弦ギターをスライド奏法で弾きながら、カントリー・ブルース・スタイルで、帰還兵の苦悩をうめくようにして歌う。

 1+1が2でなく、3となるのがロックンロールに不可欠な方程式――。そう力説したうえで、Eストリート・バンドの誕生物語「凍てついた十番街」を歌う。かけがえのないバンド仲間だったサックス奏者、亡きクラレンス・クレモンズの思い出も語られる。

 ゲストに妻のパティ・スキャルファを迎えて「タファー・ザン・ザ・レスト」「ブリリアント・ディスガイズ」をデュエット。仲むつまじい2人だ。

 アメリカの民主主義のあり方を問いかけ、キング牧師の言葉を語り、歌われる「ザ・ゴースト・オブ・トム・ジョード」は、トランプ大統領の移民政策への抗議を込めたもの。9・11同時多発テロに触発され、消防士を描いた「ザ・ライジング」へと続く。

 ブルースが自身の存在理由を問い、歌に託した思いを語ったうえで「ダンシン・イン・ザ・ダーク」の演奏を始めると、シリアスな雰囲気が一転して明るくなり、「ランド・オブ・ホープ・アンド・ドリームズ」を歌い継ぐ。

 アンコールでは、亡くなっても消え去ることのない“魂”の存在、生家の思い出の木が切り倒されたのを悼みながら、ふと口を突いて出たというかつて学んだ祈りの言葉を語り、パワフルでダイナミックな「明日なき暴走」で締めくくる。

 ブルースはライヴ・アーティストとしての評価が高い。これまで多くのライヴ作品を残してきた。だが、本作はそれらとは一線を画す。シンプルなギター、ピアノの弾き語りによる歌、演奏は説得力にあふれる。

 自虐的なユーモアのほか、生まれ育った街、旅の情景、両親、バンド仲間などの人物像の描写の精緻な巧みさは、“でっち上げ”という語りぶりさながらに、ストーリー・テラーとしての面目躍如たるところだ。脚本通りとは思えない自然な語り口に引き込まれる。

 本公演を収めたCDはファン必携であり、聴き逃せない。(音楽評論家・小倉エージ)


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索