千鳥MC「相席食堂」が開拓する“ロケ番組タレント” テレビ業界が注目

千鳥MC「相席食堂」が開拓する“ロケ番組タレント” テレビ業界が注目

 大人気芸人に上り詰めた千鳥がMCをつとめる「相席食堂」(朝日放送系)――芸人やタレントが地方の田舎町の食堂に行き、現地の人と突撃で相席をするというロケ番組――が最近、全国的に話題になっている。2018年春からレギュラー番組としてスタートしたが、4月からは番組枠が変更され、30分から1時間番組へと拡大することも発表された。



「関西ローカルの番組ですが、TVer(在京民放キー局の広告付き無料配信サービス)のチャンネル登録者数が約8万人もいるんです。その上、Amazonプライムでも配信されるなどネットでの配信に力をいれており、全国での認知につながっています。1月6日放送のスペシャル回は、放送批評懇談会の月間賞の受賞を果たしましたし、有名プロデューサーがツイッターで言及するなど、制作側の人間からも評価が高いんです」(民放バラエティディレクター)

 番組はゲストが1人で旅をする姿をMCである千鳥がスタジオでVTRを見てツッコミを入れていくスタイル。人気の理由は、ゲストの突飛な行動をうまく拾い上げる千鳥のツッコミ力に加え、“クセの強い”ゲストたちの存在がある。お笑い芸人だけとってみても、コロコロチキチキペッパーズのナダル(34)やピン芸人のくまだまさし(45)、野性爆弾のロッシー(43)、スーパーマラドーナの田中一彦(41)など、どちらかといえば飛び道具的なタレントばかり。また、芸人意外では白竜(66)やMr.マリック(70)、獣神サンダー・ライガーなど、ロケに出せばなにか起こりそうなタレントが続々と出演し、果てはセクシー女優の明日花キララ(30)まで登場し千鳥の2人を興奮させていた。

 テレビウオッチャーの中村裕一氏は、番組の魅力をこう語る。

「ロケ先で芸能人を放ったらかして進行を任せるというシチュエーションは、NHKの人気番組『鶴瓶の家族に乾杯』を彷彿とさせますが、まったく似て非なる番組です。まさに料理の素材としてのロケVTRに、千鳥のスパイスの効いたツッコミが加わることで番組として成立し、他にはない唯一無二の味わいとなっています。ロケ芸人として確固たる実力を持つ千鳥の2人にはいくらでもツッコミの引き出しがあるので、そこは心配ありません。逆に言えば千鳥がいないとたちまちグダグダになり、一歩間違うと放送事故になりかねない危険を孕んでいる。そんな危うさも多くの視聴者を惹きつけるのでしょう」

■本気で怒る長州力に千鳥もタジタジ

 そんな中、伝説となっているのが昨年5月に放送された長州力(67)がゲストの回。北海道猿払村に行き、大暴れした回が“神回”として今でも話題となっているのだ。

「長州さんの1人ロケというのもめったに観られるものじゃないのですが、やはり衝撃的な内容となりました。地元の人との積極的なふれあいが番組の醍醐味ですが、やっぱり身体が大きいですから、子どもたちが怖がっているのが滲み出ていた。その上、ちょっと何を言っているのかわからないシーンもあり、突っ込みどころが満載で千鳥もいつもより多くVTRを止めていましたね。最後は、酪農家の方の厩舎を見学に行くんですが、乳牛が糞をしている前でロケが行われるんですが、そのことをわりと本気で長州さんが文句をつけていて、千鳥の2人もお手上げ状態でした」(テレビ雑誌ライター)

 同回に限らず、キー局のセオリーでは絶対に見られない映像が満載の同番組は長州力だけでなく、「奇跡を起こしてくれそうなゲスト」を積極的に採用しているように見える。こうしたチャレンジが評価され、人気へと繋がっているのはたしかだ。

「ここ数年、例えばマツコ・デラックス(46)の番組などでトリッキーな一般人をいじる企画が流行っていましたがすでに飽和状態です。そこで丸山桂里奈(35)など、天然のアスリートなどが重用されている傾向がありますよね。また、最近ではプロレス人気が復活するなか、往年の名選手たちもキャスティングにあがってきます。ヒールなのにスイーツ好きというギャップが人気となった真壁刀義(46)さんはロケ番組の定番ですし、強面なのにアニメ好きな一面が暴露された蝶野正洋(55)さんのギャップも面白い。またバラエティ番組では、“何言ってるかわからない”天龍源一郎(69)さん、本間朋晃(42)さんなども確実に引きがある。『相席食堂』の長州力さんを見て、改めてプロレスラーは昨今のバラエティと相性がいいと思います」(放送作家)

 ネット配信がさらに一般化する中で、他では観られない面白い人材の確保は急務となっている。「張り切りすぎた芸人が何かやらかそうとして残念な結果に終わるより、タレントとしての好感度が潜在的に高いプロレスラーやアスリートをそのままロケさせるのは賢い選択」(中村氏)。低迷するバラエティ番組において手堅い視聴率がとれるということで、キー局や地方局ではロケ番組が激増している。どんなタレントを起用するのかが成功の分かれ目になりそうだ。(ライター・黒崎さとし)


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索