「同期のサクラ」の高畑充希がピュア過ぎ&不幸の予告で超泣ける

「同期のサクラ」の高畑充希がピュア過ぎ&不幸の予告で超泣ける

「同期のサクラ」(日本テレビ)に涙がちょちょぎれている。最近はたぶん涙はちょちょぎれず、涙腺が崩壊したりするらしいと承知はしているが。



 高畑充希さん演じるヒロイン・北野桜の空気を読まないっぷりに、新入社員プラスαだった頃の自分を重ね、胸が痛くなる。く、くるしいと思うと、高畑さんのまっすぐな声が響いてきて、心を持っていかれる。ピュアさにしてやられる。

 脚本の遊川和彦さんは、不幸好きで仕掛け好きと思う。冒頭で、人工呼吸器につながれた桜が映る。同期たちが見舞いに駆けつけ、重い脳挫傷で回復見込みは薄いと明かされる。そこから10年前(=2009年)、ゼネコンに入社した桜と同期の物語を展開させる。

 見ている方は、不幸が待っているとわかっている主人公の日々を追うことになる。限りなく一生懸命な桜。

 高畑さんは、憑依系の女優だと思う。私が最初に「この人、やるなー」と思ったのは、坂元裕二さん脚本の「問題のあるレストラン」(2015年、フジテレビ)だった。セクハラとかジェンダーとか、そういうものと戦う女性たちのドラマで、高畑さんが演じる藍里だけが男ウケを狙いまくっていた。そのように見えた。が、徐々にその後ろにあるものが見えてきた。

 藍里が自分を語る場面が忘れられない。

 「わたし、いっつも心に水着着てますよ。お尻とか触られても全然何も言わないですよ。お尻触られても何とも思わない教習所、卒業したんで。その服、男ウケ悪いよとか言われても、あーすいませーん、気をつけまーすって返せる教習所も卒業したんで。痩せろとかやらせろとか言われても笑ってごまかせる教習所も出ました。免許証、お財布にパンパンに入ってます」

 ちょっと高い甘えたような声で、高畑さんはこの台詞を一気に言った。確か「ドラえもん」のしずかちゃんがなぜしばしばお風呂に入っているのか、それは得だからだと語り、そこから一気にこの台詞となったはずだ。引き込まれた。なるほど感があった。ヒロインよりも印象に残った。

 とは言え、この台詞を完璧に覚えていたわけではない。『脚本家坂元裕二』という本の「名ゼリフ集」のページから引用した。その本で坂元さんは藍里を「これまで書いた登場人物のなかで一番面白く書けたなと思っている」と語っていた。わーい。

 このドラマですっかり高畑さんのファンになった。だから彼女がヒロインに選ばれた朝ドラ「とと姉ちゃん」(2016年、NHK)は、とても期待した。演じたのは雑誌「暮しの手帖」を創刊した大橋鎮子だったが、蓋を開けてみれば本音を語らず、自分より他人を優先する優等生キャラになっていて、じれったかったし残念だった。

 そしてしみじみ思ったのが、高畑さんはバランスの取れた人より、ある種の偏りがある人の役が向いているということ。偏った人を演じさせると、その役の乗り移り度が尋常じゃないというか、今どきに表現するなら半端ないというか、とにかくそういうふうになる。まるで憑かれたかのような、そんな印象。だから「憑依系女優」。

 藍里というのは、「理不尽ですよ、現実は。でも理不尽なのが現実じゃないですかー」という女子だった。たくましさともろさ、あきらめと悲しさがにじんでいた。

 桜はその逆だ。「忖度したり、長いものに巻かれたり」するのがデフォルトになっていて、その度合いがどんどん上がっている今日この頃なのに、デフォルトを知らない。「そんなデフォルトって、おかしいじゃないですかー」ではなく、「デフォルトって何ですか?」な女子。こんな世の中にあっては、そういう人が一番強いのかもしれないし、遊川さんの描こうとしていることの一つがそれだとは思う。

 初回で桜は、4人の同期と組んで建造物の模型をつくる。新人研修の一貫だから、コンペ形式だ。社長にコビを売るような作品を作ったグループがあり、社長に忖度をした審査がされたのだろう、そこが優勝した。発表された瞬間、桜は手を上げて意を唱えた。

 1話=1年で進む仕掛けなので、2話は入社2年目。同期の菊夫くん(模型グループの1人)は月に95時間残業している。上司が最低のパワハラ男なのだ。桜はそいつに、「菊夫くんが過労死した場合、管理責任を問われることになりますが、その覚悟はありますか?」「忙しいは心を亡くすと書きます」と切り込んでいく。

 が、彼女の強さの恩恵を被っているのは、今のところ周囲ばかりだ。桜以外の模型グループ4人は希望の部署に配属され、菊夫君はパワハラ部長にノーと言えた。だが、桜は希望の土木部でなく人事部に配属になり、土木部担当役員に昇格した菊夫くんのパワハラ上司は、「俺の目の黒いうちは、お前を絶対とらない」と桜に宣言する。

 人事部の仕事にやりがいを見出す桜だが、社内評価は全然上がっていない。それどころか、損ばかりしている。そう見える。理不尽すぎる、と思ってしまう。

 ドラマだから、しかも波乱万丈大好きな遊川さんだから、わかりやすく「窮地」を描き、ヒロインを追い込んでいる。と、わかってはいる。でも、遠い昔の自分を思い出して、心が痛んでしまう。

 ああ、私ってば、入社してしばらく、下手すると10年くらい、思ったことを口にしてはいけないって知らなかったなー。桜みたいにピュアじゃなかったけど、思ったことを口にして損したことがあったなー。損した理由に気づくまでに時間かかったなー。バカだったなー。

 高畑さんの演技で、忘れていた感情を思い出す。

 桜は、会社に着ていく一張羅のスーツを寝押しする。その姿が切ない。菊夫くんのパワハラ上司から「(菊夫の)同期の姉ちゃん」呼ばわりされる。その言葉が痛い。

 桜は折に触れ、「私には夢があります」と語り出す。「故郷の島に橋をかけること」「一生信じ合える仲間をつくること」「その仲間とたくさんの人を幸せにする建物をつくること」。朗々と語る桜。高畑さんは歌がすごく上手いのも有名だが、そのあまりにもまっすぐな声に聞き入ってしまう。

 会社は台詞を言う場所ではなく、仕事をする場所だ。だから桜のように夢を語る人など、現実にいるはずがない。と、わかっているのに、白けない。それどころか、気づくと泣いている。年齢とともに涙腺が弱くなっていることは自覚の上だが、高畑さんの力量あってのことだと思う。

 1年ごとに進行する「同期のサクラ」。次回は2011年。公式ホームページを見ると、震災前日、3月10日から始まるようだ。桜の、そして高畑さんの2011年を見届けなくてはと思う。


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る