嵐が全シングル65曲をデジタル配信&サブスク解禁、一大ムーブメントなるか

嵐が全シングル65曲をデジタル配信&サブスク解禁、一大ムーブメントなるか

 2020年末に活動休止を控える嵐が2019年11月3日、デジタル戦略に打って出た。全65シングルを配信、五つのSNSでもメッセージを配信する。5人の秘められた決意とは。AERA 2019年11月18日号から。



*  *  *
<みんなと今まで以上に身近に、より早くつながれるように!>

ツイッター、フェイスブック、インスタグラム、TikTok(ティックトック)、Weibo(ウェイボー)。この日解禁した五つのSNSで、嵐の5人が最初の投稿に選んだ言葉は、ファンに向けてのメッセージだった。

 デビュー20周年となる11月3日、嵐は記者会見を開き、いくつものニュースを発表した。前述の五つのSNSを同時にスタートすること、新曲を含むシングル全65曲をApple Musicなどでグローバル配信すること。アジア4都市で緊急記者会見を開くこと、Anniversary Tourの最終日にライブビューイングを開催すること、来春の5月15日、16日には、新国立競技場でライブを行うこと……。

 呼応するファンの間では、うれしい悲鳴が飛び交った。

「Love from the Philippines!」「嵐さん20周年本当におめでとう」「こんにちは、嵐!」「you’re late」「嵐のファンになってから今までで一番嵐さんを近くに感じた1日」

 この日は嵐にとって、そしてファンにとって、激動の一日になった。午前11時、世界各国のあいさつが書かれた紙を持った5人の写真がツイッターに投稿された。

 こんにちは、※(にんべんに「尓」)好(ニーハオ)、Aloha、Hello……。

 見る間にトレンドは嵐一色に染まった。ツイッター社によると、初投稿から4日23時59分までに投稿された嵐に関連するツイートは150万にのぼる。

「ジャニーズ事務所所属のタレントには世界中にファンがいて、国内外から称賛系のツイートやリプライが多く寄せられました。嵐の人気の高さがうかがえます」(同社広報)

 これまで、ジャニーズ事務所はインターネットとは一定の距離を置き続けてきた。昨年にはSixTONESが「YouTube アーティストプロモ」キャンペーンに抜擢され、今年5月には山下智久(34)がインスタグラムを開設するなど、所属タレントの一部に動きはあった。だが、ここまで大きく舵を切ったケースは今回の嵐が初めてだ。

 メンバーの松本潤(36)は21年目のテーマを「リボーン」と語り、デジタル解禁の理由の一つに「ファンが寂しい思いをしないこと」を挙げている。

 国民的アイドルグループとして絶大な存在感を持つ嵐の参入が、音楽市場に与える影響は計り知れない。音楽ジャーナリストの柴那典さんは、嵐がサブスクリプションを解禁することのアドバンテージをこう語る。

「聴かれた回数がヒットの定義になるサブスク市場では、嵐のように多くのヒット曲を持っているアーティストほど、利益を得ることができます」

 日本レコード協会は、2018年の音楽配信売り上げで、ストリーミングが349億円と、ダウンロードの256億円を上回ったと公表。ストリーミングへの期待は高まっている。

 気軽に視聴できるサブスク市場では、幅広いファンを持つことも有利に働く。近年ではCDプレーヤーを持たず、そもそも音楽へのアクセスの仕方がわからないという若い世代も増加した。裏を返せば、デジタル配信がなかったことはディスアドバンテージだった。

「制約のなかでこれだけの人気を得てきたのですから、一大ムーブメントを起こすかもしれません」(柴さん)

 現にApple Musicの上位30曲に嵐の楽曲13曲がランクインしている(11月5日現在)。

 ジャニーズ事務所にとっても、大きな転換点になる。(文中一部敬称略)(編集部・福井しほ)

※AERA 2019年11月18日号より抜粋


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る