ドラァグクイーンとしてデビューし、テレビなどで活躍中のミッツ・マングローブさんの本誌連載「アイドルを性(さが)せ」。今回は、今年の抱負について。

*  *  *
 本年もどうぞよろしくお願いいたします。私にとって2020年は、プロのドラァグクイーンになって20年、星屑スキャットという3人組で歌い始めて15年、そしてタレントとして現在の芸能事務所に入って10年と、なかなかアニバーサリーな年でもあります。とは言え、これといって何か特別なことをする予定はありません。例年通り、粛々と労働に勤しみ、1円でも多くの稼ぎと納税を目指すのみです。

 昨年いろいろと話題になった「桜を見る会」。なんでも今年は中止だそうですが、私は昨年と一昨年の2回ご招待賜りました。そんなことを書くと「いったいお前が何の功績や功労を残したのだ?」と憤る方たちが必ず出てきます。ごもっともです。一介の電波芸者にそんなものあるわけがない。単なる「会の賑やかし要員」としての役割を頂戴したまでだと自負しています。それが税金の無駄と言われれば致し方なしです。しかし、私が20年間「生業」として続けてきた女装稼業の根源には、常にこの「賑やかし」もしくは「彩り」という務めの上に成り立っているのも事実であり、だとすれば「桜を見る会」における私の招待理由や立ち位置は明確ではないでしょうか。「バラエティに富んだ」なんて触れ込みの下では、女装したオカマなんてもってこいの人材ですし。

 新宿2丁目という街自体、世間一般から見れば非日常的な「彩り」です。私が丸の内でスナックのママをしたのも、昼のテレビ画面に出ているのも、すべては「違和感という名の彩りを添える」に尽きる。日常に飽きて、張り合いを失くし、あらゆる生産性に影響しがちな世間が存在するからこそ、私のような人間にも需要が生じる。芸能とはそういうものです。

 昨年の大河ドラマ『いだてん』で、64年東京五輪の最終聖火ランナーに選ばれた「原爆の日に広島で生まれた19歳の学生」が、周囲から「8月6日」「アトミック・ボーイ」などと呼ばれ、個人ではなく「戦後復興」や「平和の象徴」としての責務を背負うことに葛藤する様が描かれていました。昨今のメディアや政治にも、「彩り」を効果的に使って「意味合い」を持たせる傾向が顕著です。

 現代は、個人の感情や選択が昔以上に尊重される傾向にある一方で、意識集約を演出する際には、このような記号的な「彩り」を配置する手法が多いように感じます。本来ならもっと個人単位で熟考すべきはずの案件が、シンボルやアイコンに委ねられ過ぎてしまっている感も否めません。もちろん考えるきっかけとしてシンボルは不可欠ですが、それだけに頼ることは、裏を返せば「その気がない」のと同じです。ならば端から「無理は承知で……」と前置きしてしまった方が、どんなに潔いか。

 多様性とか男女平等とか人種差別撤廃とか。今年も様々な場所や機会で叫ばれるでしょう。その記号的な「彩り」のひとつになれるのならば、私は喜んで馳せ参じようと思っています。ただ、そんな上辺だけの景色に慣れ飽きて、不感症になるのも時間の問題かと。ならば「彩り稼業20年選手」としては、もっと難解で不親切な存在になることも必要なのかなと心を新たにする2020年の幕明けです。「派手でハッピーで経験豊富」、そんな単純に片付けられては女装の名が廃る。今年も皆さん、感性豊かに共存いたしましょ!

※週刊朝日  2020年1月17日号