妊娠発表からわずか9時間後の謝罪だった。

 今月10日、昨年9月に結婚した不動産会社経営の男性と離婚していたことを発表したタレントの加藤紗里(29)。19日昼には、「加藤紗里 ママになる!?」という動画をYouTubeに投稿し、病院での検査を経て、「妊娠してました」と報告した。



 動画では、出産予定が6月か7月になることやシングルマザーとして子どもを育てていくこと、子どものために仕事やYouTuberとしての活動を頑張っていく決意などが語られた。

 だが、スタッフから父親について聞かれると、「それはわからないですね。離婚してたんで『誰の子や?』という声は殺到すると思う」と話し、さらに問い詰められると「……(元)旦那の子ですよね?」と言葉を濁す一面も見られた。

 こうした加藤とスタッフとのやりとりに対し、動画のコメント欄には、「おめでとうございます!色々な思いはあると思いますが体を大切に無理せず頑張って下さい!」、「産むと決意したなら、どんなに風当たりが強くても赤ちゃんの為に頑張って下さいね!!」といった祝福や激励の声が届く一方で、「誰の子供かはっきりさせておいた方が、子供の為になると思います。あなた一人の問題ではなく、あなたを含め、子供も含め、先祖が続いて行くのです」、「後先考えないからそうゆうことが起こる考えが軽すぎてキモイ」、「ヤバいヤバいって煩いです。父親が誰かとか、炎上仕向けてるのこのカメラマンですよね」といった非難の声も殺到した。

 日頃からSNS上で「幸せはお金で買える」などと公言し、“炎上キャラ”を自認する加藤は、離婚報道後のAERA dot.の取材に対し、「非難を恐れたり、周囲の感覚に合わせるために、自分の感覚とか考え方にうそをつくのは嫌なんです。だから好きなだけ非難してもらって構わない。ただし紗里を調教できるとは思わないでほしい」と語っていた。今回の炎上騒ぎも非難の声などどこ吹く風、といなすのかと思いきや、加藤は19日夜、「今回の件について」という謝罪動画をYouTubeに投稿した。

 過去に投稿された動画とは異なり、落ち着いた様子で登場した加藤は、「今日のお昼に出させていただいた妊娠発覚動画で、どんな厳しいお言葉があるかなとコメントを全部見させていただいたんですけど、カメラマンさんに厳しい声が届いていると思ったので、カメラマンの代わりに、普段謝らないという姿勢をとってきた加藤紗里なのですが、今回は謝りたいと思います。この動画で不快な思いをされたみなさま、本当に申し訳ございませんでいた」と謝罪した。

 今後については、「これからシングルマザーとして頑張っていこうと思いますので、応援よろしくお願いいたします」と話した。

◆加藤紗里
かとう・さり/1990年6月19日生まれ。広島県出身。タレント、YouTuber。女性ファッション雑誌の読者モデルやレースクイーンを中心にバラエティータレントとしても活躍。2019年6月に個人事務所「株式会社PAL flaming」を設立。12月にはYouTuberとしてデビューした。YouTubeチャンネルの登録者数は8530人(2020年1月現在)。

(AERA dot.編集部)