この2月からちょと気になるショート・ドラマがスタートした。CSチャンネル「フジテレビTWO」で放送中の「純喫茶に恋をして」。人気を集めた「孤独のグルメ」のスタッフによるもので、わずか20分程度ながら実在する喫茶店を舞台とした一話完結のユーモラスな物語だ。



 ストーリーもさることながら、このショート・ドラマを豊かにしているのがエンディング曲である。エンドロールが流れるタイミングで聞こえてくるのは「T字路s」のほろ苦い歌声。悲喜こもごも溢れる純喫茶の味わいを二人のヒューマンな歌が情緒豊かに描く。「T字路s」は伊東妙子(ギター、ヴォーカル)と篠田智仁(ベース)による男女デュオ。泣いているようにも笑っているようにも聞こえる伊東のしゃがれた声と、言葉とメロディーを暖かく包むような篠田のベースが、ブルーズ音楽の持つ本質的な哀しみや痛み、それらを乗り越える強さと優しさ、その末に訪れるであろうハピネスと充足感を表現する。

 エンディング曲のタイトルは「これさえあれば」。2013年に発表された彼らの代表曲だが、「すべてをなくしてしまってもこれさえあれば平気」というメッセージが、聴く人それぞれが最も大事にしているものをあぶり出す。

 それは一杯の美味しいコーヒーかもしれないし、目の前で一緒に味わいながら会話を楽しむ大切な人かもしれない。3月21日に恵比寿リキッドルームで結成10周年の記念イベント・ライヴを開く「T字路s」の二人にしてみれば、ブルーズという音楽こそが「これさえあれば」いいと思える宝物かもしれない。実際、彼らのライヴに足を運ぶと、二人が音楽を「肴」にして宴を開いているような気持ちになる。開放的だけど時々ホロリとさせられるパフォーマンスに、思わずビールが進む。いや、このドラマを観た後だとコーヒーを飲みたくなるかもしれない。「T字路s」の演奏や作品は、古今東西、コーヒーや酒……つまり喫茶店やカフェと音楽には切っても切れない縁があることも伝えているのだ。

 そう、例えばボブ・ディランはもともと60年代にニューヨークのコーヒーハウスで歌を歌い始めた。日本のポップスの歴史の中にも「学生街の喫茶店」(ガロ)や「コーヒーブルース」(高田渡)なんて曲がある。ジャズ喫茶やロック喫茶の類はいまやほとんど町から姿を消してしまった。だが、ドラマ「純喫茶に恋をして」を観ていると、良い喫茶店には、良い音楽が欠かせないことに改めて気づかされる。

 このドラマの主演は戸塚純貴。「仮面ライダーウィザード」で注目を集め、近年は「ドクターX」「私のおじさん〜WATAOJI〜」などで、脇役ながらレギュラー出演を増やしている注目の若手俳優だ。2018年の「孤独のグルメ」にも出演していたこの戸塚が、ここでは売れない漫画家の役をコミカルに演じている。そのほっこりとした笑顔は、喫茶店の居心地のいい味わいを見事に表現している。

 初回の舞台となったのは東京・神保町にある「さぼうる」。1955年創業の老舗で、木のぬくもりに包まれた山小屋風の店内が味わい深い。筆者もよく足を運ぶが、決して広くはない店内にもかかわらず、うまく段差を生かした立体的な空間で、ゆったりとした気分になる。

 ドラマでは、戸塚演じる主人公の鳥山が店内のさまざまな客を眺めながら、背後にある物語を妄想していく。ブルーハワイ味のクリームソーダを飲みながら、テーブルに本をたくさん積み上げて熱心にページをめくる女性を見ながら、「彼女は普段何をやっている人なんだろう?」「なぜここに来ているのだろう?」と想像する。勝手にストーリーを脳内で作り上げては、一人甘酸っぱい気持ちになる。

 もちろん、それは単なる想像。番組後半では、そのクリームソーダの彼女の目線から真実が語られる。そのオチに思わずニヤッ。そう、ここは古書の町・神保町なのだ。そんな「真実」を知らずに、「さぼうる」という店の名前をヒントに漫画の題材を見つけ、意気揚々とする主人公の姿は、魅力的な喫茶店にはそこにいる客の数だけ、サービスする店主や店員の数だけストーリーがあることを伝える。純喫茶は本来、そうした一期一会のロマンが大切な“メニュー”の一つであることを教えてくれるのだ。紙コップやプラスチックのタンブラーで提供されるチェーン店にはない、少しぶきっちょでクスッと笑える勘違いが、一杯のコーヒーと素朴なケーキに命を吹き込むこともある。

 「純喫茶に恋をして」は今後、阿佐ケ谷、上野、五反田…と都内を巡り、その町の知る人ぞ知る名店を舞台にしていくという。「美味しいコーヒーと素敵な音楽さえあれば」……そんな思いが観る者の体にじんわりと残るドラマになっていってほしい。(文/岡村詩野)

※AERAオンライン限定記事