漫画家&TVウォッチャーのカトリーヌあやこ氏が、「テセウスの船」(TBS系 日曜21:00〜)をウォッチした。



*  *  *
 今季一番考察祭りが熱いのはこのドラマ。平成元年、山間の小さな村の音臼小学校で起きた毒殺事件。オレンジジュースに青酸カリが混入され、児童18人、職員3人が死亡した。

 犯人として逮捕されたのは、村の警察官・佐野文吾(鈴木亮平)。逮捕後に生まれた息子の心(しん=竹内涼真)は、31年後に事件現場を訪れる。すると突如吹雪がゴーッ、霧がモヤ〜。あれよあれよと平成元年の事件直前にタイムスリップだ。

「俺の父親は本当に犯人なのか?」。真犯人を突き止めて、事件を阻止するべく心は奮闘する。

 つっても、いきなり村に現れて「雪崩がおこります!」なんて予言的中させちゃう正体不明の男・心を小学校の臨時教員に雇うとか、そんなんあるかーいって事案の連続。

 さらに心は、未来から事件ノート(音臼村で起きた不可解な事件の記事を、時系列順にまとめてある)を持ってきていた。ゲームだったら絶対捨てちゃいけないトリセツみたいなシロモノを、逮捕されそうになってあわてて崖から放り投げちゃう。おいおい、どうやって未来から来たって証明するんだよ。でもそんなことはお構いなし。

 ノートを捨ててから文吾にこれから起こる事件について告げる心。そして。「犯人はあなたです」。直球かーい。「僕はあなたの息子です」。信じられるかーい。でも信じてくれる。なぜ!

 なんかこう、せっかくトリセツまで持って過去に行ったのに、もうちょいうまく立ち回れないのか。そして「未来から来ました」なんてドラえもん男の言い分をなぜみんな信じるのか。

 そんなイライラ問題も、肉体派親子・鈴木亮平(わりと毎週脱ぐ)と竹内涼真のガタイを見てると「こまけぇことはいいんだよ!」て気になるからアラ不思議。村人たちは誰もがあやしげで「あやしい」の大渋滞なんだけど、どうやらドラマと原作漫画とでは犯人が違うらしい。

「テセウスの船」とは、パラドックスの意。英雄テセウスの船を後世に残そうとした民たち。しかし朽ちた部品をどんどん新品に取り換えた船、それは、はたして最初の船と同じものと言えるのだろうか?

 まさにあれこれ手を加えたドラマが、元の「テセウスの船」と言えるかどうか。これがまさしくパラドックスドラマなのだ。

※週刊朝日  2020年2月21日号